« トゥルー・グリット | トップページ | 新作品・旧BBS作品へのコメントUPはこちら! »

情報交換・雑談はこちら!

西部劇に関する情報交換や雑談は、この記事のコメントをご利用ください。(^_^ゞ

※書き込みには「 >>続きを読む 」をクリックしてください。

※コメントは本人のコメントのみとし、引用はその旨を表示するようお願いします。

※他のサイト等からコピーしただけのもの並びに問題のあるコメントはご遠慮ください。

|

« トゥルー・グリット | トップページ | 新作品・旧BBS作品へのコメントUPはこちら! »

更新歴」カテゴリの記事

コメント

西部劇研究会開催御礼
昨日、大阪や京都からの方も含め21名の参加をいただき、久しぶりの西部劇研究会を盛況に開催できました。参加された皆さん本当にありがとうございました。

午前は、ワイアットアープさんのアリゾナ訪問記、現地で撮った動画を上映しながらの詳細なトゥームストン・レポートは、皆さん興味深く聴き入ってました。引き続いて日本人初のアメリカ西部劇作家協会の会員になったデューク広井さんのアリゾナ州ショーロウとアルバカーキでの同協会大会参加レポートも大変好評でした。

また午後の部の『ブラックソーン ブッチキャッシディ 最期の決闘』は、京都の映画祭でご覧になったOさんに解説していただき、英語字幕での研究ながら、こちらも大変好評でした。映画後半に明かされる衝撃の出来事は、この作品の重要な部分で、観た方は、決して見てない方に話さないようにお願いします。(^_^ゞ

投稿: GOGH 管理人 | 2012年7月16日 (月) 08時29分

ピーターポッターさん

良くわかりました。写真の人がJack Payneであれば、John Payneではないですね。映画が古く、画質の鮮明さに欠けるため、誤解が出るのだと思います。情報有難うございました。

投稿: マサイ | 2011年11月21日 (月) 13時34分

 マサイさん

 「追撃の9人」でアパッチ・ジャックを演じたジャック・ペインとジョン・ペインは別人だろうと、小生は今では思っております。The Old Corral at b-westerns.comというサイトでは、昔のB西部劇スターのことなどをいろいろ教えてくれますが、見る人からの情報も求めています。何の情報かというと、古い西部劇の場面写真やスチル写真に写っていて、名前を特定できない俳優が誰か知っていたら教えてほしい、というんですね。URLを下記します。

 http://www.b-westerns.com/face.htm

 このURLのページで、表の上から10番目に「追撃の9人のアパッチ・ジャック役は誰か?」とあり、これをクリックすると、John Doe #18 としてアパッチ・ジャックの顔写真が現れます。この欄の筆者は、これはジョン・ペインではない、としていますね。ジョン・ペインは当時ワーナー・ブラザース社で主役級の俳優だったから、というわけです。小生もこの写真はジョン・ペインじゃないな、と思います。

 左側のポスター写真の下の宣伝資料の、出演者の出身地表を見ると、ジャック・ペインはアイダホ州アシュトン出身とありますね。一方、ジョン・ペインは、IMDbによれば、ヴァージニア州ロアノークの出身です。これも別人の証拠でしょう。

 このページの本来の意図は、名前が分からないから、分かる人は教えてくれ、ということですが、この人物の場合、名前はジャック・ペインと分かっているのだから、ジャック・ペインの詳細を知っていたら教えてほしい、というんでしょうね。しかし、アメリカの西部劇ファンも知らない人物というのでは、ジャック・ペインは、「追撃の9人」のアパッチ・ジャック役が唯一の出演歴という人ではないでしょうか。

 IMDbの投稿者には、ジョン・ペインと思っている人が結構いるようですが、そうじゃないと知ったら落胆するでしょう。西部劇については、真実よりも伝説を取るのがいいのかも知れませんね。

投稿: ピーター・ポッター | 2011年11月20日 (日) 23時19分

ピーターポッターさん

以前、貴殿の、追撃の9人=Bad lands (1939)の紹介記事の中で、{John Payneが出ているとの説がある} 云々のことを述べられていました。IMDbで見ていましたら1部のコラムにはJohn Payneの出演を示す記述もありました。別のコラムではApache JackとしてJack Pyaneとの記述があります。私の推測では、このJackとJohnとの違いはありますが、両者は同一人物と思いますが確証はありません。海外の雑誌の記事で、アパッチ砦(1948)に共演していたShirley Templeが当時夫のJohn Agarを呼ぶ時にJohnではなくJackと言う愛称で呼んでいた旨のことが彼女のエッセイに載っていました。あちらではJohnをJackとして呼ぶのが普通かどうかは、定かではありませんが、以上が私の推測の理由です。間違っていたらごめんなさい。
マサイ

投稿: マサイ | 2011年11月20日 (日) 11時13分

 マサイさん

 「逮捕命令」についての書き込みで、以前の小生の拙文にも触れて頂き、有り難うございました。

 この作品が作られた1954年は、マッカッシー上院議員の活動の最終期であろうと思いますが、同議員が失脚していたというわけではないんじゃないでしょうか。

 この映画で小生が一番気に入っているのは、主人公をドリー(ドロレス・モーラン)が匿っているのではないかと疑って、窓から彼女の部屋を覗き込んだ男を、ドリーが酒瓶か何かで、遠慮なくポカリと殴って伸してしまう場面です。

投稿: ポルカドット | 2011年6月27日 (月) 22時09分

ポルカドットさん

最近「逮捕命令」(1954)を購入し見ました。あまり期待はしていなかったのですが、期待以上に緊迫感のある映画で最後まで一気に見ました。英語版のため、内容の不明なところもありましたが、ポルカドットさんの解説を見て、内容や、新たな事実もよく理解できました。Dan Dyurieの演ずるマッカーティーなる人物が、日本でマッカーシーとしてよく知られる上院議員を意味していたとは面白いですね。この映画が出来たころには、既にMcCarthyは失脚していたと思います。尚、ポルカドットさんの言われるように、Dolores Moranは素晴らしいですね。余り他の映画では見たことが無いのですが。

投稿: マサイ | 2011年6月27日 (月) 08時50分

「クインキャノン」さん、こんにちは。「Ride in the Whirlwind」は作品別BBSで2003年「マパッチ」さんによって紹介されています。私も2007年にDVDを見て感想を書きました。「銃撃」よりこちらの、特に終わり方に驚きました。ちなみに「銃撃」が難解でないと書いたのはその後の記述の方が重要(?)で、私が余りよく考えないでサラッと見た所為だと思っています。念のため。

投稿: ウエイン命 | 2011年4月26日 (火) 20時42分

 「星のない男」は、下記の YouTube アドレスで見るのが手っ取り早いですね。細切れに13分割されているし、テレビ放映やDVDのような画質とは行きませんが。

 カーク・ダグラスの驚異的ガン・ハンドリング・シーンはパート7です。

http://www.youtube.com/watch?v=zjxON2vjRB0&feature=related

投稿: ワフー | 2010年11月29日 (月) 21時24分

高須様
始めまして、クゥープと申します。
「星のない男」「六番目の男」お探しの事
両作品ともTV放映版 他所有!
もし宜しかったらメールいただければ!
尚私のメールアドレスはこのコーナー8月30日のyokoyamaさまへの
コメントを見て貰えれば、分ります。

投稿: クゥープ | 2010年11月29日 (月) 18時23分

高須さん
申し訳ないのですが、「星のない男は」現在人に貸して、今問合わせ中です。見つかり次第お知らせします。
ところで、Western Unionという会が4カ月に一度開かれています。私も入会したばかりですが、それに入会されたら「星のない男」だけでなく、未公開の西部劇や昔懐かしい作品を貸し借りしたり、情報を集めることが可能と思います。入会にはこのWEB管理人のGOGHさんにご連絡ください。多分WESTERN UNIONという名前で検索して、西部劇に関するサイトを見つけてアクセスすると良いでしょう。この会に入れば、私が「星のない男」を見つけられない場合でも、必ずいつの日か借りたりしてみることができるでしょう。

投稿: マサイ | 2010年11月28日 (日) 16時06分

前略 ヨコヤマ マサジ様
   「星のない男」の題名の活字を懐かしく拝見しまし
    た。当時リアルタイムで観ています。
    その後、ビデオ化、DVD化はされず、テレビ放映も    有りませんでした。
    一番観たい映画の一つです。
    そこで、有料で見せてもらえないでしようか。
    リチャード・ウィドマーク「六番目の男」の情報を    お持ちでは、ありませんか。
    以上よろしく、お願いします。     不一 

投稿: 高須吾朗 | 2010年11月28日 (日) 11時01分

ママデュ―クさん、クゥ―ブさん

コメントやご教示有難うございます。現在はWide west web.comでアクセスしています。皆さんの仲間に入れて頂いたので、これからは「作品へのコメント」にも投稿を考えています。作品は「星のない男=Mann without a star(1955)」や「烙印=Branded(1951)」等です。まだどなたからも紹介が無いように思いますので。 両方とも輸入版VHSのみしか入手していませんが、60代以上の人には懐かしい作品と思います。特に「星のない男」でのKirk Douglasのガンさばきは一見の価値ありです。彼ほど上手く拳銃を回してホルスターに収められる人はいなかったように思います。又、これら上記の様な作品を見たい人との作品の貸し借りなどができればいいですね。

masaji yokoyama

投稿: masaji yokoyama | 2010年8月31日 (火) 16時25分

yokoyama様
メールアドレス公開したつもりが、先の記事確認しましたら,されていませんでした。
ここにアドレス記入いたします。(以前他のウェブで公開しましたので、別に気にしていませんその代わり迷惑メールが毎日来て、削除しています、(5~6本)
qqre9a99@leaf.ocn.ne.jpですが、私からのメールは
これと違うアドレスできます。

投稿: クゥープ | 2010年8月30日 (月) 19時20分

yokoyama様
はじめまして、鹿児島在住の「西部劇」大好き人間のクゥープと申します。私もロバート・テイラーの「アパッチ族の最後」を捜し求めています。この映画2年ほど前の神戸の映画祭で上映された事があります。ヒョットするとまだ国内にプリントが有るかも知れません。(GOGHさん「西部劇研究会」などで上映会できるかも?)
テイラーは「最後の銃撃」を観てからファンになり「西部の旅がらす」「流血の谷」は先日輸入DVDを購入他に「ガンファイターが帰ってきた」TV放映版「荒野のアパッチ」輸入VHS
「最後の無法者」TV放映版 輸入VHS
「女群西部へ行く」TV放映版 輸入VHS(カラーヴァージョン)「渡るべき多くの河」TV放映版 輸入DVD
勿論「ゴーストタウンの決闘」はVHSそしてワイドスクリーンで鑑賞するために輸入DVD購入
「決断」「荒原の疾走」「決闘ブラックヒル」探しています。
現在手持ちの「西部劇」所有リスト作成中(基本マカロニは
覗いています。20本ぐらいはリストUPされていますが)
730本(今日現在)していますので、何かお役に立つ情報があるかもしれません。メール-ルアドレス公開していますので・ハンドルネーム クゥープをクリックしてもらえれば、
私宛にメール発信できると思います。

投稿: クゥープ | 2010年8月30日 (月) 19時05分

yokoyamaさま

大変、失礼いたしました。ebeyはアメリカのオークション・サイトで日本のヤフー同様、DVDやVHSを販売しております。その中で以前「Ambush」のDVDを売っているのを目にした事がありました。

ただしこの品は多分、アメリカの映画ファンがTVの放送を録画した物を売っているもののようでした。私もS・ハートの5枚組のボックス・セットを30ドルほどで売っているのを安いので買おうとしたら、どうもこれは違法のようで送ってきませんでした。

こちらの西部劇作品ブログはセキュりティが厳しく、記事が送りにくいかもしれませんね。ワゴン・マスターのGOGHさんの仰る通り本家WIDE WEST WEBに是非お越し下さい。

西部劇栄光の1950年代をご存知のお方は私にとってはカルトの対象であります。どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: ママデューク | 2010年8月29日 (日) 22時24分

ママデュ―クさん、GOGHさん、予告編提供者さん

たびたび失礼します。追伸です。パソコンの操作に不慣れで沢山のコメントを書いて送信を何度も試みたのですが、ことごとく失敗し、やっと本日お礼のコメントを送れた次第です。 さて、ご存じと思いますが、8月30日は「リオブラボー」31日は「エルドラド」、9月1日は「ブエラクルス」、2日は「OK牧場の決闘」27日は「大いなる西部」等がBSやBS-hiで放映されます。みなさんも既にご覧になっていると思いますが、久しぶりに見るのも良いかと思いますので、書きました。 尚、Ambush(1950)の情報につきいろいろ頂きました内容が、年寄りの私には殆ど理解が困難でした。しかし、多分近いうちにDVD化されるものときたいしています。この映画の予告編を見て、約60年前に見た中で、インディアンが騎兵隊をAmbushする場面だけは今でも鮮烈に覚えています。その他のことは忘れています。俳優もRobert Taylor,Arlene Dahl,John Hodiak,Don Tailor,Jean Hagen等懐かしい人達で、今から楽しみにしています。 

masaji yokoyama

投稿: masaji yokoyama | 2010年8月29日 (日) 14時57分

ママデュ―クさん、GOGHさん、予告編提供者さん

皆さんの仲間入りができて幸せです。貴重な情報有難うございました。先ずはお礼申し上げます。

masaji yokoyama

投稿: masaji yokoyama | 2010年8月29日 (日) 14時30分

>きみょんっちさん
ようこそ!&貴重な情報ありがとうございます。
苦節?ん十年?やっと出ますね。祝DVD発売!ヽ(^o^)丿

>yokoyamaさん
ようこそ!W.W.W.西部劇作品別ブログへ!
本家西部劇サイトWIDE WEST WEB.comでも皆さんで西部劇談義をしてますのでよろしくお願いします。(^_^ゞ

投稿: GOGH(小屋番) | 2010年8月29日 (日) 12時55分

yokoyama さま

 「アパッチ族の最後」は、ママデュークさんのいわれるように、DVD-R が手に入るようですね。

 しかし、取りあえずは、下記のサイトの予告編でも見て我慢して下さい。(「Original trailer」をクリック)

  http://www.tcm.com/tcmdb/title.jsp?stid=974&contentTypeId=130&category=trailer

投稿: | 2010年8月27日 (金) 21時57分

yokoyamaさま 初めまして。

「アパッチ族の最後」は米国でもソフト化されていないようですね。頼みのYouTubeにも今のところ見当たりません。
しかし以前、eBeyのサイトだったかで見かけたようにおもうので、このような恐らくエア・チェック物のDVD-Rを御捜しになるしかないように思います。

どうぞ豊富な西部劇体験、今後とも存分にお聞かせくださいませ。

投稿: ママデューク | 2010年8月27日 (金) 11時03分

私は今年68歳です。パソコンで西部劇について語り合えるなんてことを最近知りました。西部劇は小学生のころからよく見ていて、学校の先生によく怒られました。戦後間もない時期で、映画を見るのは不良と決めつけられていました、その頃はそんな時代です。当時、小学生の頃に見た映画でG.Peckの「勇者のみ=Only the valiant」やJ.Wayneの「駅馬車=Stagecoach」,R.Taylorの「アパッチ族の最後=Ambush」等を思い出します。前者2つはDVD化されていますので、持っていますが、"Ambush"はDVD化されていないようです。どなたか、この作品について情報があればお知らせください。 私はDVDが出る前のVHSの時代には、USAの通販会社から、日本では手に入らない西部劇(字幕なし)、例えば、Forrest Tuckerの"Jubilee Trail(1954)",Errol Flynnの"Dodge city(1939)",Dana Andrewsの"Canyon passage(1946)"等,まだまだ沢山のVHSを買いましたが、DVDになると、Regional codeにより、日本のDVDデッキでは再生ができないので、USAの通販会社からの購入はできなくなりました。但し、昨年日本でもRegional Code#1のデッキと輸入版ソフトを扱っている会社が秋葉原にあることが分かり、今はそこを通じて輸入版ソフトを購入しています。最近では、Guy Madisonの"The command(1955)",Charlton Hestonの"The far horizon(1955)"、Randolph Scottの"Colt 45(1950),Fortworth,Tall man riding"の三本組セット等を購入し楽しんでいます。Colt 45は小学生の頃一度見ていましたが、約60年前に見た記憶は残っていませんでした。どなたかと古き良き時代の西部劇の意見交換をしたく思っております。4649お願いします。

投稿: masaji yokoyama | 2010年8月26日 (木) 14時37分

こんにちは!
ぜひ、お知らせさせてください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遂に!!

遂に、あの'70年代屈指の名TVシリーズ「西部二人組」のDVD化が実現します!

全50話、完全ノーカット版!!(全世界初)

日本放映分は、もちろん江守徹さんと新克利さんの名吹き替えあり!
…てか、これがないと「西部二人組」DVDの意味なし!
今は亡き、名古屋章さんの名調子のオープニングも健在!!

全国のファンの皆さま!!
長い間、待っていて本当によかったです…。(涙)
あのハンニバル・ヘイズに、
あのキッド・カーリーにまた会えるんですよ!
本当ですよ!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

      全50話/3BOX同時発売                                        発売日は8月下旬~9月上旬頃になる予定                              
      Pキャニオン通販先行!!(価格未定) 
              ・
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ありがとうございました!

投稿: きみょんっち | 2010年7月 6日 (火) 22時24分

拳銃(コルト)45

 どなたかが、YouTubeで見られるようにして下さったんで、そのタイトルバックの写真のURLを書いておくよ。同じものが一対かと思ってたんだけど、今度始めて、安全鉄の形がちょっと違うのに気が付いたねえ。面白えや。

 だけど、5年前にも書いたけど、主人公や悪役でなくって、この六連発を持ってねえ連中がどういう短銃を持っているのか、どうもよく分からねえ。お分かりの方、教えて下せえよ。


投稿:クインキャノン | 2010年3月 7日 (日) 21時32分

投稿: クインキャノン | 2010年3月21日 (日) 18時08分

GOGHさま
いつも素敵な情報ありがとうございます。ジェフ・ブリッジスですか、前回のお話だともう少し若い俳優がルースターを演るような感じでしたが、矢張りこのくらいの歳廻りの人が演じないと貫禄が出ないのかもね。
マット・デイモンは前回の映画のときは未だ生まれていなかったはず。ああ!こんなこと書くと私も歳とったと感じますね。トホホ・・・。

投稿: ママデューク | 2010年1月27日 (水) 09時34分

コーエン兄弟がリメイクする「勇気ある追跡」のコグバーン役が、ジェフ・ブリッジスにほぼ決まったようです。またテキサス・レンジャー役には、マット・デイモンがオファーされてるそうです。

エイガ・ドット・コム
http://m.eiga.com/buzz/20091028/3/?_eigacom_session_id=b7a410c2c2ed635b5c9f3d05aa035a5a

投稿: GOGH | 2010年1月26日 (火) 18時34分

最初の書き込みなのに残念な記事となってしまいますが...

映画化された「アパルーサの決闘」の原作者で、ハードボイルド小説の巨匠ロバート・B・パーカーが19日自宅で亡くなりました。死因は不明です。

ヴァージル・コールとエヴェレット・ヒッチの最強?ガンマンコンビが活躍する西部劇がもう読めなくなるというのは本当に残念です。ご冥福をお祈りします。

是非、続編「レゾリューションの対決」、第3弾「ブリムストーンの激突」も映画化してもらいたいものです。

投稿: GOGH | 2010年1月22日 (金) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/47359647

この記事へのトラックバック一覧です: 情報交換・雑談はこちら!:

« トゥルー・グリット | トップページ | 新作品・旧BBS作品へのコメントUPはこちら! »