2007年12月29日 (土)

「迷子の警察音楽隊」

2007年イスラエル・仏合作
監督:エラン・コリリン
出演:サッソン・ガーベイ、ロニ・エルカベッツ、サーレフ・バクリ 他
2007年東京国際映画祭・東京サクラグランプリ受賞

シンカノン有楽町2丁目にて17:15の回観賞。7割程の入り、女6:4男。観客の年齢構成も若人から高齢のご夫婦までと広かった。久しぶりに中東を舞台にした映画だが、イスラエル作品を観るのは初めてかな?

続きを読む "「迷子の警察音楽隊」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

「半月」 - Niwemang -

Halfmoon03第7回東京フィルメックス・コンペティション参加作品
2006年イラン
原題:Niwemang / Half Moon * Official Site
監督:バフマン・ゴバディ Bahman GOHBADI
出演:イスマイル・ガファーリ、アラー・モラッド・ラシャティニア、ヘデイェ・テハラニ 他

有楽町シネカノンにて観賞。ほぼ満員(女2:1男?)。

Drtbghobadi01上映前にゴバディ監督の挨拶があり、上映許可を得る為に10曲分のシーンがカットされたり、プロデューサーの意向に80%従った。といった製作過程や上映までの苦労話があった。また上映後もエレベーター前で観客と気軽に話したり握手したりとファン・サービス旺盛な方だ。私もサイン(画像)をいただきました。(^_^; こういうのが映画祭の良いところですね。

Halfmoon01さて内容の方だが「わが故郷の歌」と同系列で、年老いたミュージシャンが弟子や仲間を連れ、国境を越えてイラクのクルディスタンへコンサートに行く過程を描いた一種のロードムービー。冒頭の闘鶏シーンや途中立ち寄った女性歌手が1334人?拘留(イランでは女性歌手は禁止?)されている村でのシーンが素晴らしく、このまま全編、クルド音楽満載かと思いきや、さすがに10曲分もカットされたのでは...しかし10曲分カットされて上映時間114分では完全版は、どの位の長さになるのやら?インド映画みたいになるのだろうか?それでも観てみたい!

また今回はイラン・イラク・トルコの国境山岳地帯を行く一行の乗ったバスのシーンが続くのだが、その背景に映し出される雪山の景色が素晴らしい。但しあまり登ってみたいとは...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

公開講座「ヨーロッパからアラブ、トルコへ」

Bkgypsymusicsinjitsu会場:朝日カルチャーセンター
講師:関口義人 氏
題名:ヨーロッパからアラブ、トルコへ
   - 「ジプシー」の新たなる旅路 -

ジプシー・ミュージックに関するフィールドワークと著作活動(「ジプシーミュージックの真実」(右画像)など)と共に講座やトークショー、ライブ、コンサートなどの企画・開催を行なっている音楽評論家・関口義人氏のジプシー音楽に関する公開講座に参加した。

前に参加した国際交流基金の講座と一部、重なる部分もあったが、受ける方が前より少し知識が増えた分、理解度は上がった...かな?

さて、せっかくの機会なので先日の熊谷のナタリー絡みの質問をしてみた。といっても、いまひとつ分からないロシアの“ジプシー・ロマンス”について聞いたのだが。

「“ジプシー・ロマンス”は、ドイツのツィゴイネル同様、ロシア人のジプシー風音楽に対する呼称で、中にはジプシーの演奏家もいるが、ジプシーでない演奏家もいるので、本来のジプシー・ミュージックではない。」との説明をいただいた。氏の定義ではジプシー・ミュージックとはジプシーが演奏する音楽のことで、音楽のジャンルのことではないそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

ロマとフライとおでん屋さんで

仕事というか、ちょっとした研修会の講師を頼まれて熊谷に行ってきた。熊谷といっても東京駅から新幹線で1時間もかからない。完全な通勤圏だ。

さて、研修会後、受講した方々と懇親会に行ったのが市街というか表通りから一歩裏手に入った「おでん花びし」さん。おばあちゃんがやっている地元でも通?の方が行くのお店。確かにおでんは美味しかった。以下、所(ところ)変わればのお話と、こんな所(ところ)でのお話。

■まず、「フライ」と言えば何を思い出すだろうか。普通、海老フライといった揚げ物か、釣り好きは毛鉤を思い出すだろう。しかし熊谷・行田近辺では、単に「フライ」と言えば、具が刻み葱程度の小麦粉を溶いて焼いたプレーンお好み焼きのようなもののことをいうそうだ。実際、出てきたのものまさにプレーンお好み焼き。地元のコンパニオンさんたちが「これが "フライ" です。」と連呼していた。他に「ゼリーフライ」というのもあるそうだが、こちらはゼリーのフライではなく、おからコロッケのようなものだそうだが? 興味のある方は熊谷市のHP等に名物として紹介されているので覗いてみてください。

■と、そこへナタリーが登場! と言われてもナタリーて? 2次会で行くお店の娘(こ)が迎えに来たのだ。(いわゆる同伴ですね。) ところがこの娘がハバロスク出身の小柄な金髪ロシア美人。実はナターシャなんですね(まっこれも本名かどうかは...)。日本に来て1年半ぐらいらしか経っていないそうだが日本語が巧い。大したものだ。で、話をしてるとお父さんが演奏家で、お母さんが歌を歌って...お祖母ちゃんがジプシー! お祖母ちゃんがジプシーでお父さんが演奏家というとロマ音楽と関わりが...

もっと、お祖母ちゃんやお父さんの音楽の話が聞きたかったのだが、残念!(何が?)翌日、大事な仕事があるので1次会で失礼して新幹線で帰って来た。日本にもロマの血をひく人たちが来ているんですね。それにしてもまさか熊谷のおでん屋さんで会うとは...

■追記(2006.10.21)
一夜明け、二夜明け、考えてみるに、ハバロフスクと言えば極東である。ジプシーがインドに発祥し移動の末、スペインまで辿り着いたというのは、よく言われていることだが、東進して極東まで移動したという話は聞いたことがない。しかしロシアもアメリカの西部開拓(西進)に匹敵する東進を行なっている。それに伴ってジプシーも移動していったのだろうか。

■追記(2006.10.23)
とんだ見落としを。音楽夜噺の関口義人氏著「ジプシー・ミュージックの真実」(青土社)の厳選ディスク・ガイド100の中にロシアン・ジプシー・クィーン、ヴァレンティナ・ポノマレーヴァのアルバム紹介があった。その中に...

Russiangypsyqueen01"The Russian Gypsy Queen"
 Valentina Ponomareva
..少女の頃からロシアに独特の作風で知られる " ジプシー・ロマンス "を歌っていたが、のちにハバロフスク芸術学院に進んだ。たまたまそこで聴いた日本のラジオから流れたジャズに魅了され...
  「ジプシー・ミュージックの真実」(関口義人著)より

これはもしかすると...熊谷にいま一度行って確かめ...目的が違うだろて? (^_^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

ロマとアザムをCDで

タワーレコードで入手。

Bucovinaclub02■「ブコヴィナ・クラブ」
演者:シャンテル
発売:VIVO/PLANKTON

シャンテルは独フランクフルト生まれ。独STUDIO 7で数枚リリース後、独立して… 

タワーレコードで試聴中、2曲目「Shantel "Ya Rayah"-Balkan Mix」を聞いて即購入決定! ロマとアルジェリア歌謡の融合? この曲が入っているとつい買ってしまう。

ジャケット帯を見ると、他にはタラフやコチャニなど有名なロマ・ブラスバンドの曲を使った曲が多い。

■「イルジアム・フォー・ザ・ブレイブ」
演者:アザム・アニ
発売:MUSIC CAMP inc.

イラン人二人とアメリカ人一人によるバンド “ ニヤーズ ” の女性ボーカリスト、アザム・アリのソロ・アルバム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

ロマとコンゴとワキウリさん

タワーレコードでロマ系1枚とアフリカ系2枚のCDを購入。

Newqhcf001■ニュー・キンテート・ドゥ・ホット・クラブ・ド・フランス
New Quintet Du Hot Club De France
演者:新フランス・ホット・クラブ五重奏団
発売:オフィス・サンビーニャ

正統派ジプシー・スイング・ジャズを継承したロマーヌ(ギタリスト)等 "新フランス・ホット・クラブ五重奏団" 1998年アルバムの復刻盤CD。

ジャズはよく知らないのだが、このバンド名とメンバー(ジャンゴ・ラインハルトの息子も参加)相当なもののようだ。というかジャケットがかっこよくて買ってしまいました。なんか「レザボアドック」みたいで、ロマとくりゃ買っちゃうよね。買わないか?

スイング・ジャズというより、ゆったりとして夜のしじまに合うイージー・リスニングのようでバイオリンの調べにロマが感じられるアルバムです。

Konono_no1_001■「コンゴトロニクス」 Congotronics
演者:KONONO No.1
発売:VIVO/PLAKTON

こちらはモロ手作りといった感じの金属製リケンベ(電気親指ピアノ、というより打上花火の発射スイッチみたいで見るからに危ない!)による民族音楽?解説には...

低音リケンベのベースラインはモロッコのグワーナを彷彿とさせる。

とあるが、確かに生で長時間、聞いていると行っちゃうかも?8月に来日コンサートがあるそうだが、多分チケットは売り切れだろうなぁ。

Douglaswakiihuri002■「ガンバレ!」 Ganbare!
演者:ダグラス・ワキウリ Douglas Wakiihuri
発売:ハピネット・ミュージック

数々の国際大会で優勝、ロサンゼルス五輪では銀メダルを獲得したマラソン・ランナー、ダグラス・ワキウリ氏のメジャー(?・日本)デビュー・アルバム。かえってワキウリ氏のことを知らない、何の予備知識もない状態で聴いた方がよいのかもしれない。

純粋なアフリカンというよりレゲエが入っているような...実際アフリカ音楽もグローバル化している現状からすると最先端を行ってるのか?ケニア民俗音楽との関係は?

ワキウリ氏公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

渋谷 "エル・スール" 移転のため閉店

中南米や中東・アフリカなどワールド・ミュージックの専門店、渋谷 ”エル・スール” が移転のため閉店した。4月からセールを行っていて一度行ったのだが、5月末閉店(4割引)ということで最終日に慌てて行ってきた。お目当てのアラブ・ポップスのコンピュレーションDVD「NOW ARABIA」「NOW ARABIA 2」(4割引だとCD並値段)を無事入手したのだが、ついでにジャケットの気に入ったCDを3枚ほど入手。聞いたこともない奏者のCDを買うには、ジャケットに賭けるしかないのだが今回は割りと正解。特にクルド人音楽家ハカンのCDは良かった。

Musickurdistan001■「MUSIC OF KURDISTAN」
演奏:ハカン Hakan (sazi,baglama,percussion,tzubus,vocals) , Thanassis Vassilopoulos (clarinet,ney)
発売:FM RECORDs

ギリシャ在住のクルド人サズ奏者ハカンが、弦楽器、打楽器、ヴォーカルと一人何役もこなしたクルド伝統音楽アルバム。

バフマン・ゴバディ監督「わが故郷の歌」では、全編に亘って使われていたクルド音楽だが、なかなかCDがなく、アラブ伝統音楽とは少し違うクルド音楽が堪能できる1枚。

Osmanlimarslari001■「OSMANLI MARSLARI」 The Ottoman Military Music in 78 rpm Records
演奏:Odeon Orkestrasi , Hafiz Yasar
発売:KALAN

20世紀初頭(1904-34)に録音された78回転レコードを音源にしたトルコ軍楽隊の楽曲集。豪華カラーブックレットは資料的価値もあるようだが、残念ながらトルコ語。ヴォーカルの入った曲が何曲もあるのだがこれまたよく分かりません。まるで骨董屋で見つけたLPレコードを聴いているようで、それはそれで時代がかっていて良いといえば良いのだが...(^_^;

8世紀からあるトルコ音楽だそうだが、20世紀初頭に西洋の楽器も取り入れて編成されたブラス中心の軍楽隊の演奏で、最近のものより西洋風でトルコ軍楽隊だと言われないと分からない曲もある。

Appuntipartigiani001■「APPUNTI PARTIGIANI」
演奏:Modena City Ramblers
発売:Universal Music Italia

北イタリアのイタリアン・トラッド系バンド、モデナ・シティ・ランブラーズが、第二次大戦終結60周年を記念してパルチザンをテーマに作った2005年のアルバム。

「AUSCHWITZ」、「ALL YOU FASCISTS」、「VIVA L'ITALIA」など、なんか歌詞の内容が凄そうなのだが、これまたイタリア語なので分かりません。しかしこのジャケットのオッサン達は渋いですね、さすがイタリア。パルチザン風?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

ロマと志ん生とファブリックで

CDをタワーレコード秋葉原店で購入。「ジプシーと志ん生とファブリックにどんな繋がりがあるんだ?」と言われても何もありません。三題話でもできればよいのですが、ただ同じ日にCDを購入したということだけでして...タイトルに釣られて来られた方、お許しを。(^_^ゞ

Tarafhaidouks01■「タラフの果てしなき冒険」
the continuing adventures of Tarf de Haidouks
演者:タラフ・ドゥ・ハイドゥークス Tarf de Haidouks
発売:㈱プランクトン

ルーマニアのジプシーバンド、タラフ・ドゥ・ハイドゥークスのDVD+CD=2枚組。
アラブ・ミュージック講座最終回(#10講師:関口義人氏)で取り上げられたロマ(ジプシー)の音楽を代表するバンドの最新アルバム。同講座の第2回講師で写真家の石田昌隆氏が手がけた4thアルバム「バンド・オブ・ジプシーズ」のカバー等のフォトギャラリーや同バンドが出演した映画「ラッチョ・ドローム」の出演シーン、同バンドのファン、ジョニー・デップのインタビュー等も収録されている。

Kocaniorkestar01■「ジプシー・ブラス・ウェディング」 Alone At My Wedding
演者:コチャニ・オーケスター Kocani Orkestar
発売:VIVO/PLANKTON

コチャニ・オーケスターは、上記タラフの4thアルバム「バンド・オブ・ジプシーズ」にもゲスト出演したマケドニ共和国コチャニ村のロマのブラス・バンド。乗りのよい1曲目「シキ・シキ・ババ」など、どちらかというと超絶技巧のタラフよりこちらの方が聞きやすかったのはブラス主体の所為か? メキシコなど中南米のような曲あり、アラブ楽曲あり、のちょっと不思議な楽曲集だ。

Sinsyozensyu03■「五代目古今亭志ん生名演大全集[3]」
演者:古今亭志ん生
発売:ポニー・キャニオン
内容:らくだ、強情灸、親子酒、宿屋の富

先の記事「メルキアデス・エスタラーダの三度の埋葬」で落語の「らくだ」を思い出し急に聞きたくなって購入。様々な噺家が演じているが、「らくだ」長屋物といえば、やはり志ん生ということで志ん生版を。

■「ジュークボックス」 JUKEBOX
演者:ベント・ファブリック Bent Fabric
発売:ユニバーサル・ミュージック㈱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

中東理解講座「アラブ・ミュージック」#10

国際交流基金・中東理解講座
第10回「トルコ音楽の伝統と現在 ~周辺アラブ世界の音を巡って」

講師は、ミュージック・ジャーナリストで、この講座のコディネーターでもある関口義人氏。

・・・・・以下・・・・・φ( . . )

講座で紹介されたトルコ歌手等の国内盤CDを早速タワーレコードで入手。

Tarkandudu01 ■「ドゥドゥ」 " dudu "
タルカン TARKAN
発売:ライス・レコード
販売:㈲オフィス・サンビーニュア

トルコのNO.1男性歌手、タルカンのミニアルバム。
いやー何と言うか、ジャケットを見ていただければ分かると思いますが、タルカン君あやしい雰囲気ムンムンで素晴らしいですね。It's オリエンタル!さすがNO.1、曲の方もイケます。

■「トルコの軍楽 ~オスマンの響き」
演奏:オスマン・トルコ軍楽隊他
発売:キングレコード KICW1001
   ワールド・ミュージック・ライブラリー

日本のドラマやCMでも使われた 「古い陸軍行進曲 『ジェッディン・デデン』" JEDDIN DEDEN "(祖先も祖父も)」 が1曲目に入ったCD。トルコの軍楽というと勇壮といったイメージだが、この『ジェッディン・デデン』は哀愁というか憂愁を感じさせる。何故かしら「アラビアのロレンス」の敗走するトルコ軍を思い出す。ロレンスもやられちゃったしなぁ...?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

中東理解講座「アラブ・ミュージック」#9

国際交流基金・中東理解講座
第9回「中東の音楽ワークショップから」

講師は、音楽家の横川理彦氏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)