2008年9月14日 (日)

「フェイク シティ」から「アイアンマン」まで

Poskungfupanda02長時間飛行機に乗る際の楽しみといえば未見・未公開(先行)映画を見ること。今夏のロシア旅行往復で見たのは...

フェイク シティ(先行)
カンフーパンダ(未見)
バットマン・ビギンズ(未見)
アイアンマン(先行)

なんとも好み丸出しのラインアップですね。これだけ見るとなると、行きは多少寝ましたが、帰りはほとんど寝てません。 (^_^;

続きを読む "「フェイク シティ」から「アイアンマン」まで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

カルロス・ヌニェス・コンサート

Carlos_ged_flyer02「ゲド戦記」DVD発売記念コンサート
カルロス・ヌニェス ゲド戦記を奏でる
主催:日本テレビ/会場:NHKホール

久々に音楽ネタです。スペイン・ガリシア地方のバグパイプ奏者でケルト音楽の継承者カルロス・ヌニェスのコンサート。19:00 開演、満員(女6:4男)

二部構成で、前半は「ゲド戦記」の挿入曲が中心、後半は特別ゲスト、矢野顕子との共演とケルトナンバー。 ゲド戦記挿入曲の際は、ステージ後方のスクリーンに映画のシーンが映し出されたのだが、ゲド戦記未見のためいまひとつ感動が伝わらないというか乗れない。

それよりは、後半ならびにアンコールで演奏されたダンスチューン(リール?)がよかった。やはり生演奏でのダンスチューンは、手拍子も加わり盛り上がる。これでアイリッシュダンスでも踊れれば、更に盛り上がるのだろうが...残念。(^^ゞ

やはりダンスチューンだろうか、ジプシー音楽の影響を受けた曲をやったが、コンサート・プログラムの販売がなかったため曲名が分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

これはポパイの挿入曲だ!

Bgrsnashvillefiddles04■「NASHVILE FIDDLES」
原題:Best Seller NASHVILLE FIDDLES At Their Best
演奏:Various Artists
発売:GUSTO / King Records, Inc.

拙サイト常連さんにご紹介いただいたCD。「荒野の決闘」「アパッチ砦」のダンスシーンで使われていた“ゴールデン・スリッパーズ”が収録されている。

ところで、このCDの2曲目“Sailor's Hornpipe” どこかで聞いたことがあるなと思ったら、アメリカのアニメ「ポパイ」で挿入曲として使われていたもの。C&W、ブルーグラスとは知らなんだ。(^_^;

・・・・・以下・・・・・φ( . . )

■収録曲
01 I'm Thinking Tonight Of My Blue Eyes
02 Sailor's Hornpipe
03 Cotton Eyed Joe
04 Blackberry Blossom
05 In The Sweet By And By
・・・・・・
12 Oh Them Golden Slippers

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

「NARUTO 大激突!幻の地底遺跡だってばよ」

Naruto20052005年日本
監督:川崎博嗣
原作:岸本斉史

某シネコン観賞。ポケモンに次いで今夏2本目の劇場版アニメ観賞となりました。今回はお盆中のためか割りと空いていた。30分前で中央エリアの通路傍を。

さて「木の葉の里」や「影分身」などの言葉から「伊賀の影丸」を思い出すのはお父さん...いやもう少し上の世代か?

忍者と超能力者が合体したような主人公達に、西洋の騎士とモンスターが登場してレトロな蒸気機関?の移動要塞とジプシーのような旅の民が加わり......何でもあり!

川崎監督はアクションシーンに定評のある方だそうで、確かにその点は良いのだが海を渡ってきた少年テムジンの人物描写をもう少ししてほしかった。その点ではポケモンの方が良く出来ていましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月18日 (月)

「ポケットモンスター/ミュウと波導の勇者 ルカリオ」

PokemonRukario012005年日本

シネコンで観賞。同じお付き合いなら「SWエピソード3」か「バットマン・ビギンズ」を観たかったのだがあっさり却下。それにしてもこの混みようは何なのだ。朝10時前に着いて、午後4時の回でないと良い席が入手できないとは。

冒頭、中世のような舞台設定でポケモンの大軍団同士がぶつかり合うのは「ロード・オブ・ザ・リング」、科学機器を駆使する女性冒険家が登場するのは「トゥームレイダー」と何でもあり。さすがジャパニメ?

いつもながら思うのだが、アニメも劇場版はお金がかかっている上に製作者側の意気込みが伝わる素晴らしい出来で一緒に来ている親達、大人の観賞にも十分耐え得る。

しかし勢い余って最後は子供の方がついていけずに飽きちゃうみたいですね。
あっちこっちでドスンドスン、椅子の上で蠢いておりました。(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)