« アルメリア・ウエスタン・フィルム・フェスティバル 2016 | トップページ

2017年3月 4日 (土)

『カサブランカ』と『真昼の決闘』への回帰

較べたこともありませんでしたが10年の間をおいて公開された二作品の政治的背景の違いとは?ニューヨークタイムズの書評です。

ニューヨークタイムズ書評
なぜ「カサブランカ」と「真昼の決闘」に回帰するのか?
https://t.co/JaeU2rWlyt


" We'll Always Have Casablanca " by Noa Isenberg
・映画『カサブランカ』1942年…戦中・反ファシズム
・原作「誰もがリックの店にやって来る」1940年戯曲 マーレイ・バーネット、ジョアン・アリスン

" High Noon " by Glen Frankel
・映画『真昼の決闘』1952年…戦後・赤狩り
・原作「ブリキの星」1947年 ジョン・W・カニンガム

このニューヨークタイムズの書評で取り上げられてる『High Noon』の著者グレン・フランクルてどこかで聞いたような…そう「捜索者 -西部劇の金字塔とアメリカ神話の創生-」の著者ですね。また新潮社さん邦訳出してくれませんかね。

#westerns #westernmovie #Highnoon #Casablanca #真昼の決闘 #カサブランカ

Biskind3articleinline_2

Biskind2articleinline


506931_l


|

« アルメリア・ウエスタン・フィルム・フェスティバル 2016 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/64970333

この記事へのトラックバック一覧です: 『カサブランカ』と『真昼の決闘』への回帰:

« アルメリア・ウエスタン・フィルム・フェスティバル 2016 | トップページ