« ケルティイク・クリスマス2007 | トップページ | 「ジェシー・ジェームズの暗殺」 »

2007年12月29日 (土)

「迷子の警察音楽隊」

2007年イスラエル・仏合作
監督:エラン・コリリン
出演:サッソン・ガーベイ、ロニ・エルカベッツ、サーレフ・バクリ 他
2007年東京国際映画祭・東京サクラグランプリ受賞

シンカノン有楽町2丁目にて17:15の回観賞。7割程の入り、女6:4男。観客の年齢構成も若人から高齢のご夫婦までと広かった。久しぶりに中東を舞台にした映画だが、イスラエル作品を観るのは初めてかな?

内容は、イスラエルにできたアラブ文化センターの開所式に招かれたエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊が、地名を間違えたために来てしまった小さな田舎町での一夜の出来事。

イスラエルに来たエジプト警察音楽隊の話というと、文化的、歴史的なことによる衝突や民族音楽がふんだんに出てくるのかと思いきや、至って個人的な問題とジャズやクラッシックな曲が多少出てくるだけで、大した事が起きるわけでもなく、話は淡々と進んでゆく。そして、そんな中にゆるい笑いと人生の悲哀を感じさせる秀作。

|

« ケルティイク・クリスマス2007 | トップページ | 「ジェシー・ジェームズの暗殺」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/17550483

この記事へのトラックバック一覧です: 「迷子の警察音楽隊」:

« ケルティイク・クリスマス2007 | トップページ | 「ジェシー・ジェームズの暗殺」 »