« 夏山行、大雪山・十勝岳+旭山動物園 | トップページ | 廓噺 (くるわばなし) »

2007年8月23日 (木)

「ブラインド・サイト小さな 登山者たち」

2006年・英国・104分
監督:ルーシー・ウォーカー

8月23日、品川プリンスシネマにて19:10の回観賞、観客9名。

チベット初の盲人学校の生徒6人が、エベレスト北側のラプラリ山(7000m)登頂をめざすドキュメンタリー映画。

8月24日公開終了(東京)というのであわてて観に行ったのだが、思いのほか良い映画だった。障害者を扱ってはいるが決して押し付けがましくなく、登山を通してチベットや中国における盲人の状況が淡々と伝えられていく。

さて、映画はクライマックス、頂上間近の6650m地点で、子供たちの中から体調不良者が出る。盲人学校設立者で本人も全盲のドイツ人女性サブリエは、決して登頂が目的ではなく、皆で同じ目標に向って行動することが大事だと、全員での下山を主張する。 一方、登山を指導する盲人初のエベレスト登頂者エリックを初めとする登山家達は、元気な者だけでも登頂をと...

それにしても映し出される景色がすばらしい。山映画を観るには、やはり大きなスクリーンでないと駄目だなぁとつくづく思った。(^^ゞ

|

« 夏山行、大雪山・十勝岳+旭山動物園 | トップページ | 廓噺 (くるわばなし) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/16494496

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラインド・サイト小さな 登山者たち」:

« 夏山行、大雪山・十勝岳+旭山動物園 | トップページ | 廓噺 (くるわばなし) »