« 「ミッドナイト イーグル」 | トップページ | 第26回香港電影金像奬 »

2007年4月14日 (土)

「放逐 Exiled」

Exiled0022006年香港
原題:放逐 Exiled
監督:杜琪峯(ジョニー・トー)
主演:黄秋生(アンソニー・ウォン)、呉鎮宇(ン・ジャンユー)、張耀揚(ロイ・チョン)、林雪(ラム・シュ)、張家輝(ニック・チョン)、任達華(サイモン・ヤム)、何超儀(ジョシー・ホー)

香港盤DVD観賞。

組織のボス・大飛(S・ヤム)暗殺に失敗し逃亡していた安和(N・チョン)が、妻と幼子を連れてマカオに戻ってきた。幼なじみの四人(二組)が彼の元を訪れるが、彼等はそれぞれ敵対する組織の構成員だった。

久々に見るかっこいいジョニー・トー映画です。好みとしては「エレクション」より、こちらの方がずっといいですね。とにかくかっこいい!返還前のマカオを舞台にした黒社会に生きる男達の友情と悲しい結末。「ザ・ミッション 非情の掟」の流れを汲む凝った構図と華麗なガン・アクション。

「柔道龍虎房」は、黒澤明監督に捧げられた作品だったが、こちらはセルジオ・レオーネ監督に捧げられた作品だとか。香港と違ったラテン情緒溢れるマカオの雰囲気が、マカロニ・ウエスタン仕立ての香港ノワールに上手く活かされています。

「ブレイキング・ニュース」のときもそうだが、今回もアクション・シーンの合間に料理を作って皆で食べるシーンが出てくる。監督の拘りを感じるシーンだが...

|

« 「ミッドナイト イーグル」 | トップページ | 第26回香港電影金像奬 »

コメント

>J.W.さん
どうもこちらにまでありがとうございます。

香港盤DVDは、大体、北京語・広東語・英語字幕ですが、「放逐」はアクション主体ですし、J.W.さんなら問題ないのでは...

GBU韓国リメイクの話は、ネットで見たことがありますが、現代劇なんでしょうね?まさかコリアン・ウエスタンは?

投稿: GOGH | 2007年4月20日 (金) 14時01分

「放逐」面白そうですね。ところで、このDVDは日本語字幕つきで
発売されているのでしょうか?
 香港、韓国など最近のややマンネリのハリウッド映画にない新鮮さをアジア映画から感じられるこのごろですが、今度「良い奴、悪い奴、変な奴」という正しくセルジオ・レオーネの「続・夕日のガンマン」の韓国版がクランクインされたとか。
キム・ジウン監督、ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン主演。Good,Bad,Uglyそれぞれ誰が演じるのか考えるのも楽しいですね。

投稿: J.W. | 2007年4月19日 (木) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/14695014

この記事へのトラックバック一覧です: 「放逐 Exiled」:

« 「ミッドナイト イーグル」 | トップページ | 第26回香港電影金像奬 »