« これはポパイの挿入曲だ! | トップページ | アメリカ開拓期の舞曲のルーツ »

2007年2月10日 (土)

「わが谷は緑なりき」

1941年アメリカ・白黒
原題:How Green, My Vally is !
監督:ジョン・フォード
出演:モーリン・オハラ

DVD観賞。19世紀末、英国ウェールズ地方の炭鉱町を舞台に、8人家族(父母と子供・五男一女)の暮らしを描いたJ・フォード監督のオスカー受賞作品。

ハイ・コントラストの白黒画像が深い陰影をもたらし、カラーにも勝る素晴らしい映像となっている。また描き割りの背景による町の遠景と相まって、まるで絵画を見ているかのようで一種独特の世界を造り出している。

さて、何でまた「わが谷…」なのかというと、「荒野の決闘」や「アパッチ砦」と同時期なこともあるが、当時の歌謡・民謡が多く使われているというので。確かに当時のウェールズ地方の愛唱歌・伝統歌らしき曲がたくさん出てくる。それも効果的に。

それにしても、この作品の時代設定は、昨年末、観た「麦の穂をゆらす風」と同じだと思うのだが、当時は侵略された側(アイルランド)はもちろん、侵略した側(英国)も民は厳しい生活を強いられていた。為政者の選択が如何に大事か、考えさせられる一本である。

|

« これはポパイの挿入曲だ! | トップページ | アメリカ開拓期の舞曲のルーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/13991720

この記事へのトラックバック一覧です: 「わが谷は緑なりき」:

« これはポパイの挿入曲だ! | トップページ | アメリカ開拓期の舞曲のルーツ »