« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月16日 (金)

グラミー賞授賞式

授賞式をWOWOWの再放送で見る。感想をひとことで言えば、グラミー賞授賞式というのは、米国黒白歌合戦ですね。アメリカ合衆国という地域(ローカル)の賞(ショー)なんだなぁとつくづく感じた。

新聞雑誌等には、ヒップ・ホップの後退、ロックの復活と載っているが、授賞式を見る限りでは、まだまだヒップ・ホップ、ブラック・ミュージックの力は大したものだ。盛り上がり方が違う。記事の中には単に賞の結果だけを見て書いているのでは?と思われるものもある。(^_^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

「DOA・デッド・オア・アライブ」

Doa0012006年アメリカ
原題:DOA / Dead Or Arive
監督:コーリー・ユン
出演:ホリー・ヴァランス、デヴォン・青木、ケイン・コスギ他

有楽町スバル座にて、10:45の回鑑賞。入りは、定員304名のところ2割(男9:1女)程度か。結構年配の方や50夫婦割引らしき方も。しかし封切り(2/10)から3日目の休日初回にしては...

忍者一族の姫かすみ(D・青木)は、行方不明になった兄を探すため、抜け忍となって武道大会DOAに参加、様々な格闘技の女性選手やハヤブサ(K・コスギ)と力を合わせて、大会を開催する科学者ヴィクター・ドノヴァンの陰謀を暴いていく。人気3Dゲーム(格闘技系?)の映画化。

超B級アクション大作?他にも観るべきアクション映画がある(「ディパーテッド」「墨攻」etc.)というのに、へそ曲がりなのか、TV-CMにまんまと乗せられて観てしまった。なにせケイン・コスギの正式?なハリウッド進出第一作なのだからスクリーンで観なければ!かどうか…

内容は、どこかで見たような、いろんな映画のいいとこ取り、ハッチポッチな感じのアクション映画だが、これは元になったゲーム自体がこうなのか?パンフにもあるが、チャーリーズ・エンジェルで「燃えよドラゴン」を作るとこうなるのかい!

しかし、お金をかけてしっかり作ってあるので、大スクリーンで観ると結構観られる。やはり映画は小屋で観なければいけません。

それにしても冒頭の忍者一族の秘密の里(城)のシーンは逃げ出したくなるほど凄い。ここさえ乗り切ればあとは何でもあれ!だ。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

アメリカ開拓期の舞曲のルーツ

19世紀までにアメリカに渡ってきた移民達が、それぞれの出身地に伝わる民族舞踏や舞曲・歌曲で日々の辛い生活の憂さを晴らしていただろうことは容易に想像がつく。

早い時期に入植したイギリス系やフランス系の移民は、ジグやリールで実際に踊っていただろうし、アパラチア山脈近辺に入植したアイルランド系の移民が、ジグやリールを基にアメリカン・ルーツミュージックを形成していったことは、最近流行のケルト音楽を聞けば誰でもわかる。

続きを読む "アメリカ開拓期の舞曲のルーツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

「わが谷は緑なりき」

1941年アメリカ・白黒
原題:How Green, My Vally is !
監督:ジョン・フォード
出演:モーリン・オハラ

DVD観賞。19世紀末、英国ウェールズ地方の炭鉱町を舞台に、8人家族(父母と子供・五男一女)の暮らしを描いたJ・フォード監督のオスカー受賞作品。

ハイ・コントラストの白黒画像が深い陰影をもたらし、カラーにも勝る素晴らしい映像となっている。また描き割りの背景による町の遠景と相まって、まるで絵画を見ているかのようで一種独特の世界を造り出している。

さて、何でまた「わが谷…」なのかというと、「荒野の決闘」や「アパッチ砦」と同時期なこともあるが、当時の歌謡・民謡が多く使われているというので。確かに当時のウェールズ地方の愛唱歌・伝統歌らしき曲がたくさん出てくる。それも効果的に。

それにしても、この作品の時代設定は、昨年末、観た「麦の穂をゆらす風」と同じだと思うのだが、当時は侵略された側(アイルランド)はもちろん、侵略した側(英国)も民は厳しい生活を強いられていた。為政者の選択が如何に大事か、考えさせられる一本である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

これはポパイの挿入曲だ!

Bgrsnashvillefiddles04■「NASHVILE FIDDLES」
原題:Best Seller NASHVILLE FIDDLES At Their Best
演奏:Various Artists
発売:GUSTO / King Records, Inc.

拙サイト常連さんにご紹介いただいたCD。「荒野の決闘」「アパッチ砦」のダンスシーンで使われていた“ゴールデン・スリッパーズ”が収録されている。

ところで、このCDの2曲目“Sailor's Hornpipe” どこかで聞いたことがあるなと思ったら、アメリカのアニメ「ポパイ」で挿入曲として使われていたもの。C&W、ブルーグラスとは知らなんだ。(^_^;

・・・・・以下・・・・・φ( . . )

■収録曲
01 I'm Thinking Tonight Of My Blue Eyes
02 Sailor's Hornpipe
03 Cotton Eyed Joe
04 Blackberry Blossom
05 In The Sweet By And By
・・・・・・
12 Oh Them Golden Slippers

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »