« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月27日 (土)

「駅馬車」 を水野晴郎氏の生解説で

1939年アメリカ・白黒・96分
原題:STAGECOACH
監督:ジョン・フォード
出演:ジョン・ウェイン、クレア・トレバー、アンディ・ディバイン、ジョン・キャラダイン、トーマス・ミッチェル

東京都中央区教育委員会主催の上映会(14:00~)で観賞。DVD上映。場所は東京都中央区日本橋図書館6階ホール。解説は水野晴郎氏(ボランティア)、観客は定員70名のところ、ほぼ満員(男8:2女、平均年齢70オーバー?)。

水野氏の生解説(15分弱)を聴くのは初めて。「駅馬車」公開時のアメリカ(1939年)、日本(1940年、1951年)の時代背景。ジョン・フォードとジョン・ウェインの関係など、時間をオーバーして(予定10分?が15分)解説してくださった。会場に現れた時は、薄いクリーム色のチノパンツにセーターというスタイルだったので、一瞬誰だかわからなかった。最近は「シベリア超特急」山下奉文閣下の格好しか見てない所為か?(^_^ゞ

因みに、この上映会の平成18年度上映作品(下半期)は以下の通り。
10/14・・・雨の朝パリに死す(1954米)
10/28・・・郵便配達は二度ベルを鳴らす(1942伊)
11/11・・・自転車泥棒(1948伊)
11/25・・・或る夜の出来事(1934米)
12/09・・・ニューシネマパラダイス(1989伊仏)
12/23・・・愛のアルバム(1941米)
01/13・・・失われた週末(1945米)
01/27・・・駅馬車(1939米)
02/24・・・アフリカの女王(1951米)
03/10・・・三つ数えろ(1946米)
03/24・・・武器よさらば(1933米)

観賞後、一緒に参加した拙サイト常連の方と新年会を北海道人形町店で行う。今年の上映会は、ガンファイト物特集でいくかな?(^_^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

「ファースト・ディセント」

Mtfirstdescent012004年アメリカ
原題:First Descent -The History of Snowbording Revolution-
監督:ケヴィン・ハリソン
出演:ショーン・ホワイト、ハンナ・テーター、テリエ・ハーコンセン、ショーン・ファーマー、トラビス・ライス

渋谷シネ・アミューズにて18:45の回観賞。観客20名弱(女3:1男)。金曜の夜にしては少なかった。公開終了1週間前ではこんなものか?

トリノ五輪の金メダリストで、日産Xトレイル・ジャム(東京ドーム・2006年)でも来日した、ショーン・ホワイトたち現代スノーボード界のトップライダーが、アラスカの未踏斜面に挑むドキュメンタリー。

スキーでもモーグルよりはダウンヒル、ゲレンデよりも広大なバックカントリーの方が、大画面の映画には向いていて迫力や臨場感がでる。この映画もアラスカの未踏斜面ということでは期待したのだが...編集の問題か長い割にメリハリに欠け厭きがきた。もっと短くしてもよかったのでは。

但し、最後のテリエによる7601山(※標高7601feet が山名)頂上からの滑降は凄い!彼なら条件さえ整えばエベレスト山頂からでも滑れるのではないかと思わせる。逆にこのシーンがなければ、また見たいとは...

副題(原題)のスノーボード界の歴史か、アラスカ未踏斜面滑降挑戦か、どちらかに絞った方がよかったのでは。

■2007年1月29日訂正・追記
※字幕には「7601m」と出てたように記憶してたのだが「7601feet」の間違い。アラスカ最高峰のマッキンリー山が6194mですから。7601feet=約2300m。日本でいうと大雪山や鳥海山と同じ標高です。この標高ならスノーボーダーに高山病の心配は無用ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月19日 (金)

カスター将軍も踊る踊る

Fortapache001■アパッチ砦
1948年アメリカ
原題:Fort Apache
監督:ジョン・フォード
出演:ジョン・ウェイン、ヘンリー・フォンダ、シャーリー・テンプル他

DVD観賞。ヘンリー・フォンダ演じるサースディ中佐のモデルは、リトルビックホーンで全滅した第七騎兵隊のカスター将軍(※)であることは、ご存知の方も多いことと思うが、この騎兵隊物の作品は辺境の砦を舞台にしながら結構、舞踏シーンが出てくる。

続きを読む "カスター将軍も踊る踊る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

ワイアット・アープはジグで踊ったのか?

Mydarling01■「荒野の決闘」<特別編>
原題:My Darling Clementain
監督:ジョン・フォード
主演:ヘンリー・フォンダ、ビクター・マチュア、リンダ・ダーネル他

DVD観賞。テレビや廉価盤DVDで何度か見ているが今回はダンス・シーンが目的で昨年発売になった特別編(非公開試写版)2枚組DVDを入手した。

続きを読む "ワイアット・アープはジグで踊ったのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

アイリッシュ・トラッドCD3枚

年末から年始にかけて購入したCD。今回は(も?)アイリッシュ・トラッド(アイルランド伝統音楽)・バンドの代表格、アルタンとルナサのダンス・チュ-ン(ジグリール)の多そうなアルバム3枚。同じアイリッシュ・トラッドでもアメリカのソーラスに較べると、より伝統音楽色が強くなる感じ...当り前ですね。(^_^ゞ

Ciarantourish_downline01■「ダウン・ザ・ライン」
原題:down the line
演奏:キーラン・トゥーリシュ ciaran tourish
発売:THE MUSIC PLANT

アルタンのフィドル奏者、キーラン・トゥーリシュの初リーダーアルバム。ゲストにアリソン・クラウスも参加。アイリッシュ・トラッドとブルーグラスのミュージシャン交流は非常に盛んだ。

Altan_blueidol01■「ブルー・アイドル」
原題:The Blue Idol
演奏:アルタン altan
発売:2002年 Virgin 東芝EMI㈱

アイルランドでもケルト色が強いと言われる北西部ドニゴールの伝統音楽を伝えるアイリッシュ・トラッド・バンド、アルタンの2002年アルバム。アルタンに関しては、プランクトンのサイトに詳しいのでそちらを。

Lunasa_01st01■「ファースト・アルバム」
原題:LUNASA
演奏:ルナサ LUNASA
発売:THE MUSIC PLANT

1996年発表のルナサのファースト・アルバム。アルタンより伝統音楽色を強く感じるのは、“song”(ヴォーカル曲)がないせいか? ところで12月初旬に来日してたんですね。知らなんだ。なにせケルティック・ミュージック初心者なもので...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 1日 (月)

平成19年1月1日0時0分

070101newyear平成19年1月1日0時0分、地元神社の氏子青年会として参拝に来た皆様方に「神酒授与」(御神酒の振舞)を始めたところです。昨年までは総代の方々がやっていたのですが、氏子青年会ができた(平成18年)ので、今年から青年会でということになった次第です。

参拝者は、やはり若い方が多いですね。

動いているとそうでもないのですが、立ってるだけだと非常に寒かったです。昨年まではストーブがあったそうですが、青年会になってなくなったのか?それとも今年は暖冬なのでないのか?(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »