« お気に入りのCDジャケット | トップページ | 鳳凰三山縦走 »

2006年11月 2日 (木)

公開講座「ヨーロッパからアラブ、トルコへ」

Bkgypsymusicsinjitsu会場:朝日カルチャーセンター
講師:関口義人 氏
題名:ヨーロッパからアラブ、トルコへ
   - 「ジプシー」の新たなる旅路 -

ジプシー・ミュージックに関するフィールドワークと著作活動(「ジプシーミュージックの真実」(右画像)など)と共に講座やトークショー、ライブ、コンサートなどの企画・開催を行なっている音楽評論家・関口義人氏のジプシー音楽に関する公開講座に参加した。

前に参加した国際交流基金の講座と一部、重なる部分もあったが、受ける方が前より少し知識が増えた分、理解度は上がった...かな?

さて、せっかくの機会なので先日の熊谷のナタリー絡みの質問をしてみた。といっても、いまひとつ分からないロシアの“ジプシー・ロマンス”について聞いたのだが。

「“ジプシー・ロマンス”は、ドイツのツィゴイネル同様、ロシア人のジプシー風音楽に対する呼称で、中にはジプシーの演奏家もいるが、ジプシーでない演奏家もいるので、本来のジプシー・ミュージックではない。」との説明をいただいた。氏の定義ではジプシー・ミュージックとはジプシーが演奏する音楽のことで、音楽のジャンルのことではないそうだ。

|

« お気に入りのCDジャケット | トップページ | 鳳凰三山縦走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/12532329

この記事へのトラックバック一覧です: 公開講座「ヨーロッパからアラブ、トルコへ」:

« お気に入りのCDジャケット | トップページ | 鳳凰三山縦走 »