« 公開講座「大いなる西部劇」へ | トップページ | 33年前、滅びゆくといわれた音楽 »

2006年10月27日 (金)

小説「コールド・マウンテン」の音楽

仕事で新宿に行ったついでにディスクユニオン新宿ルーツ&トラディショナル館に寄ってきた。ブルーグラス関係の解説書がないかと思ったのだが、何種類かの雑誌のバックナンバーと古雑誌があるだけ。本が無いのは書店ではないのだから仕方ないが、雑誌の収穫はあった。ムーンシャイナー( MOON SHINER )というブルーグラス専門誌に、映画で使われたブルーグラスの記事が載っている号が何冊かあった。ついでに記事に取り上げられていたCDも何枚か入手してきた。まず...

Bkmoonshiner189■ムーンシャイナー 189号
 MOON SHINER Bluegrass journal #189 Vol.16-9
発行:1999年7月号 ㈱B.O.M.サービス
特集:小説『コールド・マウンテン』~アパラチア音楽の陰影~

1997年の全米ベストセラー小説『コールド・マウンテン』は、オールドタイム音楽が重要な要素となって出てくる作品である。この特集では、そのあらすじと主要登場人物、音楽について6ページにわたって解説されている。

※定期購読とバックナンバーの注文は、㈱B.O.M.サービスの「ムーンシャイナー」ページからできるので興味のある方はそちらへ。

Sdtsongsfrommt01■「ソングズ・フロム・ザ・マウンテン」
 “SONGS FROM THE MOUNTAIN ”
演奏:ダーク・パウエル、ティム・オブライエン、ジョン・ハーマン
発売:1998年 Howdy Skies Records SUG-CD-3952

こちらは小説『コールド・マウンテン』に出てくる音楽を、著者の協力を得て再現したトラディショナル・ソングがメイン(21曲中15曲)のアルバムで、上記雑誌で取り上げられたCD。まるでサントラを聴いているようだが、映画の方は2003年。サントラと聴き比べると面白いかもしれない。CD収録曲は以下の通り。

01.Mountain Air(OR)/Washington's March(TR)/Bonaparte's Retreat(TR)
02.Cluck Old Hen(TR)
03.Raleigh And Spencer(TR)
04.Blackest Crow(TR)
05.Stobrod's Tune(OR)
06.When I Die I'll Live Again(TR)
07.Drunkard's Hiccups (Jack Of Diamonds)(TR)
08.Backstep Cindy(TR)
09.Wayfarin' Stranger(TR)
10.Skillet Good And Greasy(TR)
11.Mole In The Ground(TR)
12.Claire Dechutes(OR)
13.Cherokee Trail(OR)/Glory In The Meeting House(TR)
14.Bow Down(TR)
15.Lonesome John(TR)
16.Fair Margaret And Sweet William(TR)
17.Hard Times(OR)
18.Angel Band(TR)
※TR:Traditional OR:Original

|

« 公開講座「大いなる西部劇」へ | トップページ | 33年前、滅びゆくといわれた音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/12455844

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「コールド・マウンテン」の音楽:

« 公開講座「大いなる西部劇」へ | トップページ | 33年前、滅びゆくといわれた音楽 »