« 小説「コールド・マウンテン」の音楽 | トップページ | お気に入りのCDジャケット »

2006年10月28日 (土)

33年前、滅びゆくといわれた音楽

昨日に引き続いてディスク・ユニオンで入手してきたC&W系雑誌の紹介。

Countryandwestern057■カントリー&ウエスタン 57号
 COUNTRY & WESTERN #57 1973-7
発行:「C&W」誌 発行人:吉村正昭
特集:過去の栄光とウエスタン・スイング

カントリー・ミュージックには滅びゆく音楽がふたつある。それはカウボーイ・ソングであり、このウエスタン・スイングである。コマーシャル化した音楽の世界の中で、かつてはその最先端をきっていたこのふたつの音楽は、時の移り変わりとともに、今では耳にすることさえまれだ。かつてのスター達は老い、彼等の栄光の日々が終わってから四半世紀を過ぎようとしている。

上記は特集ページの最初の一文である。この号自体が33年前の発行であり、その四半世紀前といったら60年前の話である。幸いにも現在でもウエスタン・スイングは生き残っているようでCDが出されているようだ。聴いてみたいものである。

Countryandwestern065■カントリー&ウエスタン 66号
 COUNTRY & WESTERN #66 1974-12
発行:「C&W」誌 発行人:吉村正昭
特集:カウボーイ・ソング/プログレシーブ・ブルーグラス

上記57号で、滅びゆくふたつの音楽のひとつに挙げられた「カウボーイ・ソング」の特集。この号には「西部劇映画とカウボーイの生活」と題して「西部劇通信」編集長・田中英一氏との座談会が3頁半にわたって載っている。

特集の内容は、カウボーイの歌と西部の歌を集めたレコードの内、代表的なものが、第1章から第6章に分類されて紹介されている。各章のタイトルと紹介されている主な演奏家は以下の通り。

第1章 最初に現れたカウボーイ
 カール・T・スプレグゥ、カートライト兄弟、ジュールズ・V・アレン
第2章 ヨーデリング・カウボーイ
 ウィルフ・カーター、ヨーデリング・スリム・クラーク、テックス・モートン
第3章 ハリウッド・カウボーイ
 ジーン・オウトリィ、テックス・リッター、ジミイ・ウェイクリイ、レックス・アレン
第4章 古き西部へのノスタルジア
 サンズ・オブ・ザ・パイオニアズ、ディック・トーマス、エディ・ディーン
第5章 フォーク歌手、カウボーイを歌う
 シスコ・ヒューストン、ボブ・アッチャー、エド・マッカディ、ハリイ・ジャクソン
第6章 カウボーイロアの演奏家達
 ハリイ・ジャクソン、フランシス・ロバーツ、カール・T・スプレグウ

|

« 小説「コールド・マウンテン」の音楽 | トップページ | お気に入りのCDジャケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/12468293

この記事へのトラックバック一覧です: 33年前、滅びゆくといわれた音楽:

« 小説「コールド・マウンテン」の音楽 | トップページ | お気に入りのCDジャケット »