« 「アレキサンドリア WHY? 」 | トップページ | ぴょんぴょん舎銀座百番館 »

2006年7月22日 (土)

桜丘町音楽夜噺・第八夜

場所:渋谷アル・バッコ
出演:上野清士、宮田信、関口義人(司会)

国際交流基金・アラブ・ミュージック講座をコーディネイトした関口氏が開催するワールドミュージックのトークイベント。

今回は、メキシコ大衆音楽とその派生でもあるチカーノ音楽。(詳細は後日、桜丘町音楽夜噺の公式サイトに載るようですのでそちらをどうぞ)

といっても“チカーノ”とは何ぞや?という方もいると思うので受け売りですが...

チカーノとは、主にロサンゼルス・イーストサイドのバリオ(居住区)に暮す人々でメキシコからの移民の二世以降をいうそうだ。

彼らの奏でる音楽がチカーノ・ミュージック。日本で近年有名なところでは、「ラ・バンバ」といった曲や、ロス・ロボスといったグループ。と書いてしまうとイメージが固定してしまいそうだが、時代によって色々な音楽と影響しあって形を変えてきているそうで、是非、桜丘町音楽夜噺でUPされた際にご覧いただきたい。(^_^ゞ

|

« 「アレキサンドリア WHY? 」 | トップページ | ぴょんぴょん舎銀座百番館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/11156248

この記事へのトラックバック一覧です: 桜丘町音楽夜噺・第八夜 :

« 「アレキサンドリア WHY? 」 | トップページ | ぴょんぴょん舎銀座百番館 »