« 青梅・御岳山詣で | トップページ | ロマとコンゴとワキウリさん »

2006年7月 2日 (日)

「氷雨」

Movbingwoo012004年韓国
原題:Bingwoo Ice Rain
監督:キム・ウンスク
主演:ソン・スンホン、イ・ソンジェ、キム・ハヌル

DVD観賞。

一人の女性と彼女を愛した二人の男性を、登山中の回想という形式で描いた韓流メロドラマ。

妻がありながら山岳部の後輩ギョンミン(キム・ハヌル)と深い仲になってしまった建設会社社員(イ・ソンジェ)は、大学山岳部の仲間三人、大学卒業後に登山を始めた青年(ソン・スンホン、実はギョンミンの幼なじみ)、山で知り合った日本人?の五人でアラスカのアシアック山登頂を目指していた。

登山映画ではないので、山のシーンを期待する向きには中盤の回想メロドロマ部分がまどろっこしいかもしれない。しかし、この部分が韓流メロドラマの韓流たる所以なので致し方ない。韓流メド・ドタマと諦めて見るべし!なにせこの作品、韓流フェスタ2005でも前売券が早々に売り切れた人気作品なのだ。その所為で私は劇場で観られなかったのだ。

さてメロドラマ部分の講釈は韓流ファンにお任せするとして、山の方だが...

実際のアラスカ・ロケも行なわれたようで、雪原や稜線での映像は素晴らしいのだが、セット並びにCGによる岩壁登攀や遭難シーンとの差が...CGには金と手間が掛かるということか。これまたドキュメンタリー映画ではないのだから我慢すべし!

ところで、見ていてなんとなく思ったのだが、話が「氷壁」に似てますね。一人の女性を愛した二人の男性。ただ女性も死んでしまうのは、日本よりまだまだ儒教思想が強く残っているためでしょうか。生き残っちゃまずい...えっ違う?彼女も悲劇のヒロインだ?

そうそう、韓国では「親知らず(歯)」を「恋の歯」というそうです。勉強?になりました。本当かな?

|

« 青梅・御岳山詣で | トップページ | ロマとコンゴとワキウリさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/10765737

この記事へのトラックバック一覧です: 「氷雨」:

» 氷雨 [韓国映画好き]
本格的山岳映画のように始まったけれど、山登りよりも回想シーンのラブストーリがメインのメロドラマでした。 舞台はアラスカ。登山隊の中にイ・ソンジェとソン・スンホンがいます。二人はそれぞれ愛する人のことを思いながら山登りをしています。登山隊は途中...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 4日 (火) 10時52分

« 青梅・御岳山詣で | トップページ | ロマとコンゴとワキウリさん »