« グワナCDと「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 »

2006年4月16日 (日)

「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」

Threeburialsmelquiades012005年アメリカ
原題:The Three Burials of MELQUIADES ESTRADA
監督:トミー・リー・ジョーンズ
出演:トミー・リー・ジョーンズ、バリー・ペッパー、ドワイト・ヨーカム、フリオ・セサール・セディージョ

恵比寿ガーデンシネマ1にて16:20の回観賞。観客ほぼ満員。空席最前列のみか。

監督(トミー・リー・ジョーンズ)、脚本家(ギジェルモ・アリアガ)共に西部劇として語られたくないようだが、スクリーンに映し出される風景はどうしようもなく西部劇だ。しかし、これは西部劇ではない...

暴力シーンがありながら死者は、間違って殺されたメルキアデスだけ。保安官も主人公も「撃てない」と言って引き金を引かない。何も当てる必要はない威嚇射撃のシーンでもよいのだ。ジョン・ウェインでは考えられない。 ”撃ち合いをしないから” ”人が死なないから" ”西部劇でない” と言う気は毛頭ないが、やはりこれは西部劇として作られていない、対決の物語ではないのだ。北米大陸南西部(テキサスとメキシコ)を舞台にした老カウボーイの国境物語。(※1)

C・イーストウッドは、娼婦を傷つけたカウボーイを金のため撃ち殺して(「許されざる者」)オスカーを受賞し、トミー・リー・ジョーンズは、仲間を殺した国境警備員に遺体を担がせ遺族の元まで運ばせてカンヌを受賞した。どちらも公権が罰しない犯罪者への自警行為(※2)。方や西部劇としてオスカーを獲り、方や西部劇ではないと言い切る。あえて西部劇にだけはしなかったのではないだろうか。なにせ今ではアメリカでさえ西部劇はコケル。

それにしても発見されたメルキアデスの遺体をピート(TLJ)が身元確認するシーンには唖然。何せコヨーテにアゴから喉の部分を食い千切られた遺体の凄いこと。ほとんどゾンビ映画だ。このままこの遺体をずっと見せられるのかと心配になったが大丈夫?次に出てきた遺体はきれいなアゴに。死体にきれいもないもんだが...

この後、蟻を追っ払うために火を点けられたり、腐敗防止に不凍液を呑まされたりと、メルキ君の遺体が何度か笑かせてくれるのだが、死者に対する礼というものがないのかね。こういうのは仏教徒の日本人としてはあまり感心できない。これが本当に友情の為、贖罪の旅なのか?動機(友情・贖罪)と行動(搬送)の重要性が逆転してしまっている。

でも面白いというか嫌いじゃない。乱暴者が兄弟分の葬式を出すため通りがかりの屑屋を巻き込んで大騒ぎ(何せ死体にかんかんのうを踊らせる)となる落語の 「らくだ」 を何故かしら思い出した。まっ日本人も同じということか。(^_^ゞ

ただし、これで終わってしまえばコミカルでちょっと風変わりなロードムービーになってしまうのだが...後はネタバレになるので見てのお楽しみ。

■メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
オフィシャル・サイト
http://www.sonyclassics.com/threeburials/
オフィシャル・サイト
http://www.troisenterrements.com/
オフィシャル・サイト
http://3maisou.com/

※1 同じようにメキシコに思いを馳せる若いカウボーイの国境物語「すべての美しい馬」がある。こちらも悲しい結末が。

※2 「これは自警行為による正義を描いたものではなく、理解への旅、贖いの旅、友情の持つ意味に忠実であろうとする旅なんだ。」(脚本家ギジェルモ・アリアガ、劇場パンフより)

■2006/5/5 加筆訂正

【ワシントン=丸谷浩史】 日本経済新聞 ・ 平成18年5月16日(火曜日)
ブッシュ米大統領は15日夜、不法移民対策についてテレビで演説し、メキシコ国境の警備に米軍の一部である州兵6000人を来月上旬から派遣すると表明した。同時に国境警備局の人員を現在の1万2000人から2年かけて6000人増やす。共和党保守派などで不満が強い不法移民対策で具体策を打ち出し、11月の中間選挙に向けて求心力の回復を図る。

■2006/5/18 追加

|

« グワナCDと「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 »

コメント

>かえるさん
こちらこそ、ご無沙汰しております。
メキシコとの国境付近を舞台にした作品は西部劇やアクション映画では
沢山ありますが、今回のような作品はめずらしいのかも?
同じ国境でも国を持たいない民、クルド人の映画となるとまた違ったものに。
確かに気になるテーマですね。

>sabunoriさん
TB&コメントありがとうございます。
私も公開終了近く(4月中旬)に観たのでそちらと時期的に大差ないですね。
この写真は、やはり大きなスクリーンで観たい作品です。その点で恵比寿GCは
ちょっと小さいかな...

投稿: GOGH | 2006年5月 5日 (金) 14時26分

こんにちは。
TBありがとうございました。
こちらの作品、ちょっと遅れて関西では今公開中です。
無骨な男たちのストーリ、だけど妙なおかしみがあって私は結構気に入りました。

投稿: sabunori | 2006年5月 5日 (金) 11時48分

こんばんは。お久しぶりです。
善悪でいったら、首を傾げてしまうようなことも含めて、面白い魅力的な作品でした。
国境というのはとにかく興味深いテーマです。

投稿: かえる | 2006年5月 5日 (金) 00時35分

>Kenさん
随分前の記事へのTBにもかかわらず早速、TB&コメントをありがとうございます。

"西部劇 "の定義を「西部を舞台にした映画」とすれば、まぎれもなくこの作品も
西部劇なのでしょうが、やはり西部劇として見ない方がよいのでしょうね。

この後、取り上げた「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の方が、はるかに西部劇にも
よくある題材、展開の作品ですが、これまた西部劇とは別物ですね。

投稿: GOGH | 2006年5月 5日 (金) 00時19分

こんにちは、TBありがとうございました!
この作品、ちょっと風変わりでしたね。
それはもしかしたら、この作品を西部劇として捉えてしまうからなのかもしれない、とこちらの記事を拝見して思いました。
確かにカウボーイや銃が出てくる西部を舞台にした映画ですが、あくまでも無骨な友情と贖罪の物語なんですよね。

投稿: Ken | 2006年5月 4日 (木) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/9659962

この記事へのトラックバック一覧です: 「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」:

» 『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』 [Brilliant Days ]
固い友情で結ばれた二人のカウボーイと・・・ 人生について学ぶある男の旅・・ そして、 贖罪とは何かということ・・ アメリカとメキシコの間に横たわる山々を 越えて、国境とは何か?問うものがたり・・ ヤバい! 同じカウボーイの話だけど、 「ブロークバック・マウンテ..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 11時08分

» 【映画】メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 [セルロイドの英雄]
"The Three Burials of Melquiades Estrada"2005年アメリカ/フランス監督)トミー・リー・ジョーンズ出演)トミー・リー・ジョーンズ バリー・ペッパー フリオ・セサール・セディージョ ドワイト・ヨーカム ジャニュアリー・ジョーンズ メリッサ・レオ満足度)★★★★☆ (満点は★5つです)恵比寿ガーデンシネマにて テキサスとメキシコの国境地帯。アメリカに不法入国しテキサスの牧場で... [続きを読む]

受信: 2006年5月 4日 (木) 23時42分

» [ メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 ]心の解放への旅 [アロハ坊主の日がな一日]
[ メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 ]@恵比寿で鑑賞。 最近映画でよく観る光景だ。テンガロハットに、ウエスタ ンブーツ。荒野を馬が歩くシーン。ほんとうによく目にす る。これがまたかっこいいのだ。その影響なのか、昨日思 わずテンガロハットを衝動買いしてしまった。目にし続け ると、自分までそうなったと思い込んでしまう。僕はかぶ ると、丸坊主に眼鏡ということで、テリー伊藤にしか見え ないのだが。 トミー・リー・ジョーンズの劇場映画監督デビュー作。脚 本はギジャルモ・アリア... [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 00時05分

» 『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
惚れ惚れする映画だ。カッコよさにシビれた。 お前ら、つべこべ言うなって、感じ。 ハードボイルド・カウボーイの男っぷりにため息。 男は黙ってサッポロビール的。 これが国境だ。これが人間だ。 ボーダーなんてものは取っ払っちまえ。テキサス州の国境付近。メキシコ人の友人、メルキアデス・エストラーダが撃たれて死んだ。友人ピート・パーキンズは犯人を探し出す。そして、「俺が死んだら、故郷ヒメネスへ遺体を運んで埋めてくれ」と言っていたメルキアデスとの約束を守るためにメキシコへ旅立つ。 ボーダーという... [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 00時30分

» メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
メキシコ人のカウボーイ、メルキアデス・エストラーダは、ちょっとした誤解が元で、ある日、突然、国境警備隊の隊員、マイク・ノートンに撃たれてしまいます。メルキアデスの親友、ピート・バーキンズは、「自分が死んだら故郷のヒメネスに埋めて欲しい」というメルキアデスの望み... [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 00時31分

» メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬 [映画評論家人生]
梅田ガーデンシネマ メルキアデス・エストラーダとの親交は多く描かれていない。描かれていないのに、そ [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 04時16分

» メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 [我想一個人映画美的女人blog]
トミーリージョーンズ、劇場用映画初監督作品 東京国際映画祭、トロント国際映画祭招待作品& 2005年 カンヌ国際映画祭では、最優秀男優賞/最優秀脚本賞受賞! まずこの変わったタイトルに目がいく★ 原題そのまま邦題になってるんだけど、 3度の埋葬をするってところが特に興味深い。 脚本は、ガエルガルシアくんの出世作、「アモーレスペロス」や、 ショーンペンやナオミワッツの「21グラム」のギジェルモアリアガ。 「アモーレスペロス」も、... [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 08時59分

» 『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』 [flicks review blog II ]
 不慮の事故で殺されてしまった友を生前の約束通り故郷の土へ帰そうと殺めた本人を連れて旅立つ男の物語。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 09時02分

» メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 [龍眼日記 Longan Diary]
「俺が死んだら故郷ヒメネスへ運んで埋葬してくれ」 銃弾に倒れたメキシコからの密入国者の友人メルキアデス (フリオ・セサール・セディージョ)の言葉に従いピート(トミー・リー・ジョーンズ)と メルキアデスを殺してしまったマイク(バリー・ペッパー)の2人による 遺体を埋葬するための奇妙な旅が始まる。 この旅、本人たちは至って真剣だが、どこか妙なおかしみが散りばめられている。 時間とともに痛みが進むメルキアデスの遺体。 それを押さえるために不凍液を口から流し込んだり、 アルコールを吹... [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 11時44分

» 映画レビュ−#25「メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬」 ★★★★★ [Production Rif-Raf]
基本情報 「メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬(原題:The Three Burials of Melquiades Estrada)」(2005、アメリカ) 監督:トミー・リー・ジョーンズ(逃亡者、メン・イン・ブラック) 脚本:ギジェルモ・アリアガ(アモーレス・ペロス、21グラム) 製作:トミー..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 06時35分

» 「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」 [Puff's Cinema Cafe Diary]
公式サイト 恵比寿ガーデンシネマ、公開3日目初回です。 シアター1(232席)、15分前に着いて23番、全体的にも3割弱でした。 2005年カンヌ国際映画祭、受賞作品(最優秀脚本賞/最優秀男優 [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 11時48分

» メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 [CINEMA草紙]
☆☆荒れ果てたテキサスの砂漠を、初老の偏屈カウボーイ、手錠をはめられた国境警備隊 [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 11時35分

« グワナCDと「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 »