« 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#7 | トップページ | 周杰倫(ジェイ・チョウ)と「霍元甲」(SPILIT) »

2006年3月10日 (金)

中東理解講座「アラブ・ミュージック」#8

国際交流基金・中東理解講座
第8回「モロッコのグナワにおける現代アラブ音楽の新たな潮流」

繁忙期には変わらないが、本日の講師は、よろずエキゾ風物ライターでワールドミュージックのCD解説でもよく見かけるサラーム上海氏なので、少しでも前の席を確保するため早めに仕事場を出た...のだが肝心の眼鏡を忘れたためスクリーンの文字がよく見えない。

さて今回は、モロッコの宗教音楽 " グナワ "。名前だけは聞いたことがあるが、実際に聞くのは初めて。楽曲的にはアラブ音楽というよりアフリカ音楽なのだろうが、歌詞はアラーや精霊を称える内容だそうで、モロッコの位置から地中海アラブ音楽圏に属するとか。

前回がどちらかというとプログレ・環境音楽系だったが、今回はドラムのビートが効いたドンチャカ系? 行進→演奏→陶酔、へと進む過程や、連獅子のように長い髪を振り回す女性のトランス状態が面白い。

1時間近く聞いてるうちに段々馴染んできて気持ちよくなり、仕事の疲れも手伝ってまた眠くなってしまった。トランス一歩手前か?

・・・・・以下・・・・・φ( . . )

ところで講義の中でも出てきたが、ラシッド・タハの曲のグナワ系とおぼしき曲だが、アルバム「diwan」の中の「○○」「○○」などはそうだろうか。

|

« 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#7 | トップページ | 周杰倫(ジェイ・チョウ)と「霍元甲」(SPILIT) »

コメント

>hiratakaさん
RESが遅くなりすみません。また貴重な情報をありがとうございます。
こちらからも情報を...ご存知でしたら...(^_^;

講座最終回の講師で講座のコーディネーターでもある関口さんが、
やはり講師の一人サラーム上海さんと1月に行ったトルコ音楽に
関する対談「桜丘街音楽夜噺・翔んで!はまって!イスタンブール」
の様子が↓に紹介されています。当日は客席に庄野真代さんも
お見えになっていたそうです。

桜丘街音楽夜噺第二夜・翔んで!はまって!イスタンブール
http://www.r-flux.com/soy/past_events/002/index.htm

投稿: GOGH | 2006年4月 3日 (月) 00時18分

講座の開催中にお会いできて良かったです。
これをご縁に宜しくお願いします。

≪映画を巡る話題≫
あの会場の別の異文化理解講座でお話を聞いたことのある
藤原帰一さんが、月刊誌『論座』で連載していた
『映画のなかのアメリカ』の刊行を記念して対談をする
との情報を、折りよく得ましたので、お知らせします。
(当日は法事があり、当方参加できないのですが)

対談相手の金平(かねひら)茂紀さんは、都民カレッジの講座、
その後のゼミ形式の自主講座などで、良く知っている方です。

hirataka


青山ブックセンターの催し
(青山ブックセンターは、国連大学の脇を入った裏手にあります)

////////////////////////////////////////////
「映画のなかのアメリカ」
藤原帰一氏+金平茂紀氏 トークショー

『映画のなかのアメリカ』
(藤原帰一 著 朝日新聞社 刊)刊行記念
////////////////////////////////////////////

■2006年4月22日(土)15:00~17:00(開場14:30)
■会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
■定員:120名様
■入場料:500円(税込) 電話予約の上、当日精算
■電話予約&お問い合わせ
電話:青山ブックセンター本店/03-5485-5511
■受付開始日:2006年3月24日(金)10:00~

ナンバーワン国際政治学者と
TBSの前ワシントン支局長・現報道局長が映画を通して、
アメリカの政治を、社会を、人々を存分に語り合う。

藤原帰一
1956年生まれ。
東大法学政治学研究科博士課程単位取得中途退学。
現、東大大学院法学政治学研究科教授。
著書に『「正しい戦争」は本当にあるのか』
『戦争を記憶する』など。

金平茂紀
1953年生まれ。
東大文学部卒。TBSに入社し、モスクワ支局長、
「筑紫哲也ニュース23」デスク、
ワシントン支局長を経て、現、報道局長。
著書に『二十三時的』など。

イベントの詳しい内容や最新情報は青山ブックセンターのウェブサイト
http://www.aoyamabc.co.jp

(ご参考です)
その他関連のサイト
藤原帰一さん
http://pata.air-nifty.com/pata/2006/03/post_3633.html
http://www.ishibashi-mf.org/prize/26th.html
http://www.mayq.net/tadashiisensou.html

金平茂紀さん
http://www.smn.co.jp/kanehira/
http://www.the-commons.jp/

投稿: hirataka | 2006年3月26日 (日) 23時15分

この第8回は何とか出席したものの、
年度末で、送別会やらもあり、第9回は欠席となりました。
明日は最終回でもあり、大幅遅れとなっても出席する予定です。

スクリーンの見え易い、向かって左側端、前から5~6列目位の
席を確保するつもりですので、是非ともお声掛け下さい。

投稿: hirataka | 2006年3月24日 (金) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/9126427

この記事へのトラックバック一覧です: 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#8:

« 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#7 | トップページ | 周杰倫(ジェイ・チョウ)と「霍元甲」(SPILIT) »