« 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#3 | トップページ | 「クラシック批評 こてんぱん」 »

2006年2月 6日 (月)

「愛しきベイルート」

FairouzMaariftiFeek『愛しきベイルート』 " Maarifti Feek "
ファイルーズ Fairouz
発売:ライス・レコード/販売:㈲オフィス・サンビーニュア

国内盤CD。タワーレコードで入手。
最近CDで再発売されたばかりのようで、ライナーノートが2006年1月30日付になっている。アラブ・ミュージック講座で紹介された「愛しきベイルート」(" Le Beirut " アルバム7曲目)が入っているアルバムを探していて見つけた。アルバム原題の " Maarifti Feek "は、5曲目に収録されている「あなたと私の関係」。紛らわしい。(^_^;

戦後のアラブ歌謡でもっとも大きな成功を収めた歌手といえばレバノン出身の女性歌手ファイルーズ。・・・(中略)・・・そんなファイルーズが、1987年に発表した、近年の最高傑作といわれるのがこのアルバムだ。
                           - CDラベル帯より -

ファイルーズの代表作だが異色作だそうで、1曲目(「どこへも行かないで」 " Khaleek Bilbait ")からして、これがアラブ歌謡?と疑いたくなるアルバムだ。まるでヨーロッパのスローな...と、この1曲目どこかで聞いたような...昨年の上映会で見た短篇「タクシーサービス」(1996年作、監督:エリー・ハリファ、第3回パリ・アラブ映画ビエンナーレ・フィクション部門短編映画賞受賞)の冒頭とエンド・ロールに使われていた曲だ! このアルバムに収録されていたんですね。

|

« 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#3 | トップページ | 「クラシック批評 こてんぱん」 »

コメント

>hiratakaさん
同じ聴講者の方のコメント第1号!ありがとうございます。ご紹介のサイト拝見してきました。画像のある方はファイルーズのオフィシャルサイトのようですね。

このブログには、講座の内容を忘れないよう確認の意味で毎回メモ書きしてます。
私はどちらかというとアラブ現代ポップス系にハマってますね。今後ですと、粕谷氏、中町氏、海上氏などの講義が楽しみです。

せっかくですので受講中に一度お話したいですね。

投稿: GOGH | 2006年2月15日 (水) 02時50分

ARKヒルズで一緒に聴講しているオジサンです。
ファイルーズで検索していて、こちらの素敵なブログを知りました。

石田さんの回で、ファイルーズの声を初めて聴いて、
めっきり涙腺が緩くなっている目頭が熱くなりました。

「死体のように美しい」
ファイルーズにぞっこんとなりそうです。

ファイルーズ関連のAVコンテンツが沢山あるサイトがありましたので、
お知らせします。

(ほとんどの曲が試聴できるサイト)
http://www.maqam.com/cgi-bin/cdtest.cgi?category1=Fairuz
(美しい映像が沢山あるサイト)
http://www.fairuzonline.com/fairuzhistory_concert.htm

金曜日の夕方、他の予定が入りこの前の第4回を欠席し、
多分3回連続で行けなくなりそうですが、
会場でもご挨拶したいですね。
大抵、左側の端、前から4~5例目におります。

投稿: hirataka | 2006年2月14日 (火) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/8542060

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛しきベイルート」:

« 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#3 | トップページ | 「クラシック批評 こてんぱん」 »