« 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#2 | トップページ | 「テキトワ?」 「ニヤーズ」 »

2006年1月29日 (日)

「サルカール」

Sarkar022005年インド
原題:Sarkar
監督:ラムール・ゴーパール・ヴァルマー
出演:アミターブ・バッチャン、アビシェーク・バッチャン、ケー・ケー・メーナン、カトリーナ・カイフ

DVD観賞。インド公開(2005年6月)から1年も経ずに見られるとは、便利な世の中になったもんだ。"ティラキタ"(インド雑貨他輸入専門店)さんに多謝。

マフィアながら麻薬取引は行わず、庶民の頼みとあらば司法の手の届かぬ犯罪者も処刑する組織のリーダー、サルカール(尊称、主・お上の意)スバーシュ・ナーグレー(アミターブ・バッチャン)と、アメリカ留学から帰国した次男シャンカール(アビシェーク・バッチャン)が、対立組織との抗争を乗り越え、固い絆で組織や家族を守ってゆく物語。

映画冒頭にも掲げられているが、まさにコッポラ監督『ゴットファーザー』へのオマージュ作品。インド映画によくある登場人物が歌って踊るシーンは一切なく、凝ったカメラワークの重厚な作りだ。

それだけにもう少しストーリーにインドらしい独自性を加えてほしかった。『ゴットファーザー』経験の有無で評価が大きく分れるだろう...が、『ゴットファーザー』を見ずしてこの映画は語れない。

それにしても登場人物の名前に何かいわくありげな...ストーリーにもインド独自のものがあるのか?気が付かないだけ?知識不足? 勉強中!(^_^ゞ

|

« 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#2 | トップページ | 「テキトワ?」 「ニヤーズ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/8429763

この記事へのトラックバック一覧です: 「サルカール」:

« 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#2 | トップページ | 「テキトワ?」 「ニヤーズ」 »