« 「ブレイキング・ニュース」 | トップページ | 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#1 »

2006年1月15日 (日)

「リー・ロック伝/大いなる野望 PARTⅠ炎の青春」

LeeRockI011991年香港
原題:五億探長 雷洛傅Ⅰ雷老虎 -又名:差佬大亨的故事
監督:ローレンス・アモン
出演:アンディ・ラウ、チョン・マン、チンミー・ヤウ、ン・マンタ、チョン・プイ

香港盤DVD観賞。日本では劇場未公開、ビデオ発売(1997年松竹)のみで在庫切れのままとなっている作品。香港で日本語字幕付のPARTⅠ・ⅡDVD-BOXセットが発売となった。まずはPARTⅠを観賞。

1950~70年代の香港、清廉だが貧乏な為に恋人とも結婚できなかった警官、雷洛(リー・ロック)が「五億探長」と呼ばれる警察長官になり、引退してカナダへ渡るまでの大河ドラマ。ⅠⅡ合わせて4時間。PARTⅠは主人公が大陸から来て警察学校に入り、平巡査から署長となって恋人と再会するまで。

アンディ・ラウが主人公を演じてる為か、警察学校のシーンなど、まるで1950年代版「インファナル・アフェアⅡ」を見ているように感じるのは私だけ?(もちろん、主人公はヤクザの構成員でもなければ、潜入捜査官でもない。) この作品を見ると「インファナル・アフェア」シリーズが、「リー・ロック伝」等に始まる悪徳警官物の流れをくむものであることは確かだ。

当時の香港警察は、賄賂によって管轄内のヤクザと癒着しており、「敵は外より内にあり。」他署との争いの方が凄かったようだ。袖の下をたかられた上、逆らうと連行されボコボコにされるヤクザの方が可哀想なくらいだ。

さて雷洛も失恋後は、そんな悪徳警官の一人となり、なんと大親分の娘と結婚して、その力をバックに出世していく。そんな街に住むのは考えものだが、ピカレスク・ロマンとして映画で見る分には非常に面白い。

また当時の実際の出来事も挿入されていて、戦後の香港史を知ることができる!と喜んだのだが香港盤日本語字幕は情報量(字数)が少なく、たまに意味がよく解らん!欲求不満状態になる。こりゃ香港近代史の本でも探さねば...(^^ゞ

|

« 「ブレイキング・ニュース」 | トップページ | 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#1 »

コメント

>あいりさん
わざわざコメント&TBありがとうございます。(^^ゞ

ハリウッドでも西部劇は年に1・2本作られています。このブログにも書きましたが、今年はブラッド・ピットの西部劇が公開されそうです。最近では「アラモ」や、ジュード・ロウの「コールド マウンテン」、ケビン・コスナーの「ワイルドレンジ」、トミー・リー・ジョーンズの「ミッシング」といったところが日本でも公開されています。

ただ全盛期のアクション西部劇というのは少ないですね。上記では「ワイルドレンジ」、あと「アメリカン・アウトローズ」「テキサス・レンジャーズ」ぐらいでしょうか。

なお「関連サイト」の「WideWestWeb」が私の西部劇サイトです。

投稿: GOGH | 2006年1月24日 (火) 01時43分

初めまして!
TBをありがとうございます。
西部劇がお好きなんですね。
ハリウッドでは最近も西部劇を撮っているのですか。

リー・ロック伝の記事を見つけて頂いて嬉しいです。
10年も前の映画です。
香港映画全盛の、のんびりした映画ですね。
インファナルや最近の洗練された香港映画の原型だと思います。
真面目なつくりですしね。
見ごたえはある映画だと思います。

投稿: あいり | 2006年1月23日 (月) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/8181808

この記事へのトラックバック一覧です: 「リー・ロック伝/大いなる野望 PARTⅠ炎の青春」:

» アンディ・ラウ特集2 リー・ロック伝/大いなる野望 PART I 炎の青春 [あいりのCinema cafe]
監督 ローレンス・アモン 脚本 チョン・マンキョン 撮影 ジゴ・リー アンドリュー・ラウ  出演 [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 09時08分

» 【映画】 リー・ロック伝 大いなる野望Part.1「炎の野望」 (原題:五億探長雷洛傳之1) [free time]
アンディの魅力満載。 【あらすじ】 字もろくに読めず、不正もしない一警察官が、金がないせいで失恋し、また仕事でも若気の至りから左遷される。しかし偶然出会った陰の実力者の娘 [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 19時17分

« 「ブレイキング・ニュース」 | トップページ | 中東理解講座「アラブ・ミュージック」#1 »