« ブラピの新作は西部劇! | トップページ | 「西部の無頼人」 »

2005年11月25日 (金)

「最後のチャンス」

1945年スイス
監督:レオポルト・リントベルク
出演:ヨバート・G・モリソン/ジョン・ホイ/レイ・レガン/ルイサ・ロッシィ
東京フィルメックス 特集上映 映画大国スイス 1920's~1940's

シネカノン有楽町。21:15開演の為か4-5割の入り。

イタリアで捕虜になった連合軍兵士が、ドイツへの護送列車から脱走。村人達の助けを受けながら、最後は様々な国の難民と共にアルプスを越えてスイスへと向かう。

単なる脱出劇ではなく、ユダヤ人やパルチザンの悲劇なども描かれていて長さを感じさせない。さすが第1回のカンヌ受賞作。 といっても第1回の受賞作は、「無防備都市」など数作ある。

さて山の方だが、イタリア北部、スイス国境のアルプスというとドロミテか?佳境に雪山シーンが出てくるが山度はいまいち。

|

« ブラピの新作は西部劇! | トップページ | 「西部の無頼人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/7321845

この記事へのトラックバック一覧です: 「最後のチャンス」:

« ブラピの新作は西部劇! | トップページ | 「西部の無頼人」 »