« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月29日 (月)

「ココシリ:マウンテンパトロール」

MtPatrol012004年中国
原題:可可西里
監督:陸川(ルー・チューアン)
主演:多布傑(デュオ・ブジエ)/張磊(チャン・レイ)
第17回東京国際映画祭・審査員特別賞

DVD観賞。昨年、東京国際映画祭で上映された際に観たかった作品をやっと。

中国は青海省・チベット高原のココシリ自然保護区(海抜5000m)を舞台に、チルー(チベット・カモシカ)の密猟者とそれを追う自警団の物語。青い空、白き山々、そこは美しくあまりにも過酷な世界。自警団隊員は密猟者だけでなく厳しい自然とも壮絶な戦いを強いられ、一人また一人と倒れていく。

山岳映画の本質が郷土映画だとすれば、この作品は紛れもないチベット山岳映画の傑作ではないだろうか。

■2007年1月8日一部訂正
■2006年6月8日劇場観賞

| | トラックバック (1)

2005年8月28日 (日)

上映会「知られざる韓流<plus!>」

映画美学校第二試写室で鑑賞。以下上映順

『ヤマト★ダマシイ七変化』
2003年/DV/18分
監督:清水浩之

『夢の中で』
オーストラリア/1999年/韓国語、英語/カラー/ビデオ/26分/日本語字幕
監督:メリッサ・リー

『愛についての実話』A True Story about Love
オーストラリア/2001年/英語/カラー/ビデオ/27分/日本語・英語字幕あり
監督:メリッサ・リー

『集い』
1999年/16ミリ/30分
監督:遠山智子

『支離滅裂』
1995年/16ミリ/30分
監督:ポン・ジュノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

「素晴らしき哉!西部劇展」

BkWnderfulWest01 期間:2005年8月22日(月)-27日(土)
会場:ギャラリー澤(西新宿)

淀川長治さんが主催した「映画の友」友の会の中でも西部劇研究誌『牧童』や『西部劇通信』を発行していた西部劇ファンクラブの方々が開いた西部劇展に行って参りました。

数は多くありませんが、名作のポスター、スチル、プログラム、プロマイド等、貴重な物を拝見してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

アンディ・ラウ最新作!

YesterdayOneceMore01 「イエスタデイ、ワンスモア」
2004年香港
監督:ジョニー・トー
主演:アンディ・ラウ/サミー・チェン

本日、たまたま前を通りかかった配給会社パンドラさんにお洒落なポスターが。洋画?かと思いきやよく見ると「イエスタデイ、ワンスモア」、主演:アンディ・ラウ、監督:ジョニー・トー。カーペンターズ・ネタのアメリカ映画ではありませんでした。

10月下旬よりシネ・リーブル池袋でレイト・ショーだそうです。
詳細は↓パンドラさんのオフィシャルへ
http://www.pan-dora.co.jp/andy/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

「ポリス・ストーリー/香港国際警察」

PoliceStory01011985年香港
原題:警察故事/THE POLICE STORY
監督・脚本・主演:ジャッキー・チェン
共演:ブリジット・リン/マギー・チャン

DVD観賞。ジャッキー・チェンが、自らのアイデアと身体を張って作った記念碑的作品。昨年(2004年)香港復帰作として「香港国際警察/NEW POLICE STORY」を撮っている。

さて何でいまさらかというとDVDが安く入手できたのと、本作はTVでつまみ食いしかしてなかったので、新作を見る前にちゃんと見ようと思った次第です。(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

「殴りこみ一家」

WhenDaltonsRode021940年アメリカ
原題:When The Daltons Rode
監督:ジョージ・マーシャル
出演:ランドルフ・スコット/ブライアン・ドンレヴィ/ジョージ・バンクロフト

DVD(米盤)観賞。前(7/31)に入手したDVDをやっと見る。

ランドルフ・スコットは脇役的存在。ダルトン兄弟を演じるのは一流どころでない俳優。しかし中身の方は、色々と見所があり結構楽しめる。列車強盗や駅馬車強盗、追跡隊とのシーンも迫力があり、ママ・ダルトンの存在感もよく出ている。

ただ惜しむらくは、R・スコットが出演しているために中心人物が曖昧になってしまっている点。また悪徳不動産業者とのいざこざから悪者にされてしまったというよくあるパターンを踏襲してしまったことも返って逆効果。ならず者としての悪行と悲劇的な末路を描けば良かったのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

「NARUTO 大激突!幻の地底遺跡だってばよ」

Naruto20052005年日本
監督:川崎博嗣
原作:岸本斉史

某シネコン観賞。ポケモンに次いで今夏2本目の劇場版アニメ観賞となりました。今回はお盆中のためか割りと空いていた。30分前で中央エリアの通路傍を。

さて「木の葉の里」や「影分身」などの言葉から「伊賀の影丸」を思い出すのはお父さん...いやもう少し上の世代か?

忍者と超能力者が合体したような主人公達に、西洋の騎士とモンスターが登場してレトロな蒸気機関?の移動要塞とジプシーのような旅の民が加わり......何でもあり!

川崎監督はアクションシーンに定評のある方だそうで、確かにその点は良いのだが海を渡ってきた少年テムジンの人物描写をもう少ししてほしかった。その点ではポケモンの方が良く出来ていましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

「沈黙の聖戦」

BellyBast012003年アメリカ
監督:チン・シウトン
主演:スティーヴン・セガール/バイロン・マン

DVD観賞。アクション監督として有名なチン・シウトンが監督。相棒役のバイロン・マンと敵役のトム・ウーがいいですね。

タイ旅行中の娘が誘拐された元CIAのオヤジ(S・セガール)が、昔の相棒(バイロン・マン)と共に敵地へ乗り込み、軍、警察、反政府ゲリラ、CIAを巻き込んで大暴れ。

そしてタイと言えば出ました!お約束通り?のオカマ美女。さらに妖術使いと盛り沢山。リゾート地などほとんど出てこないところもアクション物として潔い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

「裏街の聖者」

DoctorMack011995年香港
監督:李志毅(リー・チーガイ)
出演:梁朝偉(トニー・レオン)/劉青雲(ラウ・チンワン)

DVD観賞。香港裏街の医師ラウを取り巻く様々な人々の織り成す物語。

香港映画には、クリスマスを舞台にした作品が多いがこの写真もクリスマスに観たならばそれなりに感動する1本。ただリー・チーガイ監督の幻の傑作というのは宣伝用と思って割り引いた方が...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »