« 「ダブルタップ」 | トップページ | 新作武侠片・古装片 »

2005年7月18日 (月)

「ポケットモンスター/ミュウと波導の勇者 ルカリオ」

PokemonRukario012005年日本

シネコンで観賞。同じお付き合いなら「SWエピソード3」か「バットマン・ビギンズ」を観たかったのだがあっさり却下。それにしてもこの混みようは何なのだ。朝10時前に着いて、午後4時の回でないと良い席が入手できないとは。

冒頭、中世のような舞台設定でポケモンの大軍団同士がぶつかり合うのは「ロード・オブ・ザ・リング」、科学機器を駆使する女性冒険家が登場するのは「トゥームレイダー」と何でもあり。さすがジャパニメ?

いつもながら思うのだが、アニメも劇場版はお金がかかっている上に製作者側の意気込みが伝わる素晴らしい出来で一緒に来ている親達、大人の観賞にも十分耐え得る。

しかし勢い余って最後は子供の方がついていけずに飽きちゃうみたいですね。
あっちこっちでドスンドスン、椅子の上で蠢いておりました。(^_^;

|

« 「ダブルタップ」 | トップページ | 新作武侠片・古装片 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144389/6418802

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポケットモンスター/ミュウと波導の勇者 ルカリオ」:

« 「ダブルタップ」 | トップページ | 新作武侠片・古装片 »